青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 青春18きっぷで関東・東北への旅 > 青春18きっぷの旅(新潟・会津エリア)

青春18きっぷの旅(新潟・会津エリア)

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。なお、黒線の路線はJR以外の路線なので青春18きっぷでは利用できません。

酒田・青森・山形・仙台方面
青春18きっぷの旅(新潟・会津エリア)
直江津・東京方面(日光方面)郡山・福島方面


本ページの範囲

信越本線(長岡〜新潟)

長岡〜新潟 63.3km(1時間15分程度)。

車両

E129・115系で運転されます。


E129系・115系

 車窓

駅周辺以外は田んぼの中を列車は走ります。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

長岡駅


長岡駅

このあたりの中心都市です。夏になると、この周辺では大きな花火大会がいくつかあり、その度に多くの人々が訪れます。

見附駅


見附駅

 

東三条駅


東三条駅

5分ほどの乗り継ぎ時間で撮影したので、ちょっとぶれています。

新津駅


新津駅

「鉄道の町」として知られています。構内には今でも気動車が所属する車庫があり、駅周辺には鉄道関係の博物館があります。

新潟駅


新潟駅

ただいま、高架化の工事が行われていて、乗り場がかなり変更になっています。

 新潟駅の駅そば

一部ホームにあります。

「いなほ」号が出る6・7番線(現存しません)にあるそば屋で「きつねそば」をいただきました。

高崎駅で食べた「たぬきそば」

 

 三吉屋(さんきちや・新潟駅の南口)

新潟駅の南口(新幹線側の出口)から4〜5分歩いたところにあります。あっさりとしたスープに細い麺が特徴です。夜に行きましたが、ラーメンを食べてすぐに店を出る人が多いようで、ガイドブックなどを見てやってくる人が多いんだと思います。


三吉屋(駅南けやき通り店)(ヤフー地図より)

 

越後線(柏崎〜新潟)

柏崎〜新潟 83.8km(2時間15分)柏崎〜吉田間は僅少。吉田〜新潟間は1時間に1本程度。

信越本線よりも海側を走りますが、海沿いを走ることはなく、車窓を楽しめる路線でもありません。新潟の近くでは新潟への通勤通学路線になっていますが、柏崎に近い方では本数が減らされています。

車両

E129・115系。


E129系

 車窓

柏崎を出てしばらくは山と山との間を走るような感じです。吉田駅を出たあたりから田んぼが広がるようになり、市街地が多くなってくると新潟です。

 主な駅紹介

吉田駅


吉田駅

越後線と弥彦線が平面交差する駅で、5番線まである大規模な駅です。

内野駅

新潟からの半分以上の列車が当駅で折り返します。越後線の拠点駅の一つです。


内野駅

青山駅


青山駅

新潟市の住宅地にある駅です。徒歩10分のところにイオンがあり、食料調達に利用しています。

弥彦線

弥彦〜東三条 29.7km(35分)。毎時1〜2本運転。

弥彦神社の参詣路線として造られました。

車両

E129系、E127系(ロングシート車・下画像)。


E127系

 こんな車窓です。

田んぼの中を走ります。

 主な駅紹介

弥彦駅


弥彦駅

立派な駅舎を持ち、弥彦神社などへのアクセス駅です。

弥彦神社


弥彦神社

弥彦線が造られる理由にもなった大きな神社です。多客期には新潟駅から臨時列車も運転されます。

西燕駅


西燕駅

近くにあるラーメン屋さんに行くためにこの駅を利用しました。(次項参照)

 杭州飯店(新潟県燕市)

うどんのように太い麺とたっぷりの背脂が特徴で、大変ボリュームがあります。溢れそうな位にスープが入っているため、お皿に鉢を載せた状態で運ばれてきます。「燕三条系ラーメン」とかいい、見た目からして日本一健康に良くないラーメンだと思いますが、ラーメン好きな方は、一度は食べてみては?

弥彦線の西燕駅から歩いて12〜15分のところにありますが、目印になるような建物などが少なく、初めての方にはわかりにくい場所だと思います。


 

磐越西線(新津〜会津若松)

新津〜会津若松 111km(2時間30分)。区間列車もありますが、新津〜会津若松間を通して運転されるのは僅少。新潟〜会津若松間だと126.2km(2時間50分)。一部の列車が新潟駅まで乗り入れます。

喜多方〜会津若松間には5つの駅がありますが、その中の堂島・及川・姥堂・会津豊川の各駅は普通列車でも多くが通過します。客車で運転される列車が多かった頃はホームの短い駅や交換設備のない駅は通過することが多かったですが、今になってもそれをかたくなに守っている数少ない区間です。


塩川駅
隣の駅(多くの普通列車が通過)はカッコ書きで記されている。ローマ字表記もなし。

車両

キハ110・キハE120、キハ40・47で運転されています。


磐越西線の車両

 車窓

しばらくは田んぼが中心ですが、だんだんと山の中に入って行き、阿賀野川に沿って走るようになります。

 主な駅紹介

塩川駅


塩川駅

会津若松と喜多方の中間にある駅で、多くの列車はこの間の停車駅は当駅のみです。

喜多方駅


喜多方駅

蔵とラーメンの街、喜多方の玄関口で、駅舎も蔵のイメージです。駅周辺にも蔵やラーメン屋があり、手軽に観光を楽しめると思います。

喜多方ラーメン

喜多方ラーメンは、あっさり系のスープですが、味わいがあるという感じです。

喜多方駅を出て正面の道を2〜3分歩いたところの「桜井食堂」様でいただきました。周辺にはラーメン店がいくつかあります。


喜多方ラーメン

喜多方の蔵

喜多方は蔵があることでも有名です。建物を蔵っぽくデザインすることもあるようです。「くら寿司」はないようです。


喜多方の蔵

野沢駅


野沢駅

郡山から出発した場合、最後の福島県内の町の中心地がここです。

津川駅


津川駅

山の中にある駅です。SLばんえつ物語号は、給水のため15分ほど止まります。

三川駅


三川駅

 

只見線

会津若松〜小出 135.2km(4時間45分)。運転本数は僅少。

車両

キハ40がほぼ2両で運転されます。現在、会津川口〜只見間は水害のためバス代行ですが、今後復旧工事が行われる予定です。


只見線のキハ40

 車窓

山奥を走る路線です。画像はありません。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

七日町駅


七日町駅

会津若松市の中心部にある駅です。構内には地元のNPO(?)が入居し、地元の農産物やお土産を売っています。

西若松駅


西若松駅

大掛かりな橋上駅ですが、中はひっそりとしています。一応、鶴ヶ城(会津若松城)への最寄り駅です。

鶴ヶ城(会津若松城)

会津若松の最も有名な観光地です。会津若松駅からはバス利用になりますが、西若松駅からなら何とか歩いて行けます。それでも20〜30分かかりますので、初めての方は会津若松駅からバスで行くのをおすすめします。


鶴ヶ城

羽越本線(新津〜新発田)

新津〜新発田 26km(30分)。1〜3時間に1本程度。

かつては大阪や東京から秋田・青森へ向かう特急列車が当区間を経由していましたが、今は旅客列車に関しては普通列車のみになっています。貨物列車は今も当区間を通っていて、貨物線のような雰囲気です。

車両

E129系、キハ110で運転されます。電化されていますが、4分の3くらいがキハ110(気動車)での運転です。


羽越本線(新津〜新発田)の車両

 車窓

田んぼが中心です。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

当区間の駅画像はありません。

白新線・羽越本線(新潟〜村上)

新潟〜村上 60.7km(1時間20分)。1時間に1本程度。

新潟の近郊路線です。新潟駅から白新線を通り新発田・村上へと運転する列車が多いので、ここではひとまとめにして取り上げています。

村上以北の運転情報は「宮城山形編(リンクは↑ 以下同じ)」をご覧ください。ただし、車窓に関しては地図の関係で新潟県内のものは以下で取り上げています。

車両

E129・115系で運転されます。


E129系・115系

 車窓

駅周辺以外は田んぼの中を列車は走ります。

村上を発車すると、海が近づいて来て、やがて海沿いに走るようになります。このあたりは「笹川流れ」と呼ばれる景勝地になっています。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

新発田駅


新発田駅

新潟からやって来た列車の多くは当駅から羽越本線に入ります。

坂町駅


坂町駅

米坂線の分岐駅です。SLが活躍していた頃は、SLの機関庫があったりして賑やかだったそうです。

村上駅


村上駅

当駅より酒田方面は交流に変わるため、新潟近郊を走るE129系などは走ることができず、そのためにこの先へは気動車列車に乗り換えになります。

米坂線(坂町〜米沢)

坂町〜米沢 90.7km(2時間15分)。僅少。

かつては仙台・山形と新潟を結ぶ路線として急行列車が運転されていましたが、高速道路が整備されたり、山形側は線路が標準軌化されたこともあってその機能はなくなりました。今は一部の列車が新潟や新津まで直通していますが、車両の出庫・帰庫を兼ねてのものと思われます。

車両

キハ110・キハE120で運転されています。多くが2両編成です。


米坂線のキハ110

 車窓

坂町駅を発車するとしばらくは荒川という川に沿って走ります。川幅が狭くなってくると山形県に入り、しばらくは山奥を走っている印象です。景色が開けてくると今泉駅に到着し、田んぼの中を米沢まで走ります。

地図の関係で、今泉〜米沢間の車窓画像は「仙台・山形編」に載せています。

 主な駅紹介

小国駅


小国駅

当駅は山形県にあります。近くには大きな工場がありますが、米坂線で通勤する人はいるんでしょうか?

今泉駅


今泉駅

山形鉄道フラワー長井線との接続駅で、2本ある島式ホームのうち1本が米坂線、もう1本が長井線が使用しているようです。駅周辺は静かな住宅地で、乗換駅という感じの駅です。

会津鉄道

西若松〜会津高原 57.4km(1時間30分くらい)。1〜2時間に1本程度。西若松からはJR只見線に乗り入れ、全列車が会津若松駅に乗り入れます。会津田島〜会津高原間は電化されていて、会津高原から野岩鉄道や東武鉄道に乗り入れます。

会津若松からは最大で東武日光駅(「AIZUマウントエクスプレス号」)まで、会津田島駅からは最大で東武浅草駅(特急「リバティー会津」。会津田島〜下今市間は乗車券のみで空いている座席を利用可)まで行きます。

車両

会津鉄道の車両で運転されます。2両編成が多いです。


会津鉄道の車両

 車窓

山の中を走ることが多いです。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

塔のへつり駅


塔のへつり駅

「塔のへつり」の最寄り駅になっています。

塔のへつり

川沿いにある非常に変わった地形(断崖絶壁)で、天然記念物に指定されています。


塔のへつり

会津田島駅


会津田島駅

会津鉄道の中心駅で、構内に車庫もあります。当駅から会津鉄道の終点・会津高原尾瀬口駅へは乗り換えになることが多いです。

会津高原尾瀬口駅


会津高原駅

当駅からは尾瀬へのバスが出ています。運賃は片道2000円以上かかります。当駅からは野岩鉄道線として線路がさらに続いています。

青春18きっぷで出かけよう サイトマップ

2018/2/14 更新