青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 青春18きっぷで関東・東北 > 駅の小事典(東北・関東)

2015/9/17 更新

喜多方駅


喜多方駅

蔵とラーメンの街、喜多方の玄関口で、駅舎も蔵のイメージです。駅周辺にも蔵やラーメン屋があり、手軽に観光を楽しめると思います。

野沢駅


野沢駅

郡山から出発した場合、最後の福島県内の町の中心地がここです。

津川駅


津川駅

山の中にある駅です。SLばんえつ物語号は、給水のため15分ほど止まります。

三川駅


三川駅

 

岩泉駅

廃止になったので削除しました。

坂町駅


坂町駅

羽越本線と米坂線との分岐駅です。(2015/7)

村上駅


村上駅

 

浅虫温泉駅


浅虫温泉駅

そっけない駅舎ですが、周辺には旅館やホテルが立ち並びます。(撮影はJR線時代)

渋谷駅


渋谷駅

駅前にある「ハチ公像」で有名です。周辺には緑の電車が置いてあるなど、楽しめる駅になっています。なお、山手線と湘南新宿ラインとはホームが離れていて、オートウォークで結ばれています。

目白駅


目白駅

 

西立川駅


西立川駅

 

桜木町駅


桜木町駅

新橋〜横浜間に日本で初めて鉄道が開通しましたが、その時の終着駅がここでした。

秋葉原駅


秋葉原駅

東北本線(山手線・京浜東北線)が直角に立体交差で交わる駅です。周辺は電気街として有名ですが、最近は様々な店舗があり、AKB48もここを本拠としています。

上野駅


上野駅

かつては東北・上越・信越方面への長距離列車の始発駅で、上にある駅舎がそれを物語っています。今はどちらかというと、上野公園や浅草などの観光拠点駅の印象が強いです。

大宮駅


大宮駅

2012〜13年に放送されたアニメで大宮駅周辺が映し出されていたのですが、それと同じものを見れたので満足できました。

東鷲宮駅


東鷲宮駅

画像からはわかりにくいですが、上野方面へのホームは高架線(2階)、仙台方面へのホームは地平線(1階)です。かつて貨物駅があり、平面交差にならないようにするためにこのような形になったようです。駅から5分くらい歩くと、関東随一の日帰り温泉である「百観音温泉」があります。

宇都宮駅


宇都宮駅

餃子の町として知られていて、駅前には「餃子の像」もあります。

黒磯駅


黒磯駅

この駅から東京寄りは直流、青森寄りは交流と電化方式が異なります。

佐野駅


佐野駅

佐野ラーメンで有名な町にあり、駅周辺にも食べることのできる飲食店があります。

高麗川駅


高麗川駅

八高線と川越線を分ける駅ですが、関東の分岐駅としてはコンパクトです。

両国駅


両国駅

かつては房総方面への特急・急行列車の始発駅でしたが、総武線が東京駅に乗り入れるようになると、これらは廃止されました。今でも当時のホームが残っていて、臨時列車が時々運転されています。

駅のすぐ横に両国国技館があり、大相撲が開催されている時期には、着物を着た力士が歩くのを見かけます。

錦糸町駅


錦糸町駅

意外と知られていませんが、東京スカイツリーのJRの最寄り駅です。駅周辺の南北方向の道路で北側を見ると、スカイツリーの雄姿を眺めることができます。

成東駅


成東駅

 

銚子駅


銚子駅

総武本線の終着駅です。線路はさらに、銚子電鉄へと続きます。

新木場駅


新木場駅

目立たないですが、JRの他、りんかい線や地下鉄が乗り入れる交通の結節点です。また、TDLなどへも便利なので、駅前からは大阪などへ夜行高速バスも発着します。

大原駅


大原駅

 

安房鴨川駅


安房鴨川駅

外房線と内房線の終着駅で、駅前からは観光地へのバスが発着します。

東我孫子駅


東我孫子駅

 

成田駅


成田駅

 成田山までは、歩いて10分ほどです。

佐原駅


佐原駅

 

鹿島神宮駅


鹿島神宮駅

 駅名になっている鹿島神宮へは、歩いて5分ほどです。

水戸駅


水戸駅

 駅前には水戸黄門の像があります。

熊谷駅


熊谷駅

最近では、「日本一暑い町」としてマスコミに登場することが多くなりました。

籠原駅


籠原駅

東京方面からの列車の半分程度がこの駅までの運転となり、直通する列車も車両を切り離します。そのためか構内は広くなっています。

深谷駅


深谷駅

東京駅を模したという駅舎がいちばんの特徴です。一度訪ねてみては?

日光駅


日光駅

 日光線の終着駅で、駅前からは東照宮や中禅寺湖などへのバスが発車します。駅舎は明治45年に建てられたそうです。

国道駅


国道駅

 鶴見駅から鶴見線に乗って最初の駅で、「国道」とは駅の下を走る国道15号線のことです。電車を降り、階段を下りていくと、そこは昭和の雰囲気の店が立ち並びます。映画のセットの中にいるみたいです。

弁天橋駅


弁天橋駅

 周辺の工場の従業員の利用が多いです。この駅から武蔵白石駅までは、駅間が非常に短くなっています。

浅野駅


浅野駅

 扇町方面と海芝浦方面のホームがY型に並んでいて、Yの交差する部分に駅舎があり、各ホームへは踏切を渡ってアクセスします。鶴見方面へ向かう場合は、どのホームから発車するかを確認してからホームに出ましょう。

安善駅


安善駅

 幅の狭い島式ホーム1本のみの駅ですが、貨物列車が通ると思われる線路が何本も敷かれ、貨物駅としての役割の方が大きいようです。

武蔵白石駅


武蔵白石駅

 かつては大川への支線が分岐していましたが、構内に急カーブがあるため、今はこの駅に停車せずに大川に向かっています。

浜川崎駅(鶴見線)


浜川崎(鶴見線)駅

 こちらも幅の狭い島式ホームが1本だけの駅です。南武線との乗換駅ですが、南武線に乗り換えるには、一旦駅を出て、道の向かい側にある駅から乗ることになります。

 南武線の駅舎は、南武線の浜川崎駅をご覧ください。

扇町駅


扇町駅

 貨物線がさらに先に伸びています。駅周辺は、工場ばかりです。

大川駅


大川駅

 駅周辺は工場ばかりです。

浜川崎(南武線)駅


浜川崎(南武線)駅

 南武支線の終着駅ですが、貨物線はこの先鶴見線と合流し、扇町方面に延びています。

下館駅


下館駅

JR水戸線と真岡鉄道、関東鉄道(取手方面)が接続する茨城県西部の交通の要衝ですが、駅前にある大きなスーパーが閉店し、学校帰りの高校生が目立つ駅です。

高崎駅


高崎駅

関東北部の拠点駅です。

群馬八幡、横川駅

青春18きっぷで乗れる路線図・関東編」内の信越本線の項目をご覧ください。

高崎問屋町駅


高崎問屋町駅

高崎から上越線の列車に乗って最初に停車する駅です。周辺は企業などが多い印象です。

新前橋駅


新前橋駅

駅周辺は住宅地のようで、構内には車庫があります。

水上駅


水上駅

定期の全ての普通列車がこの駅を始終着としています。水上温泉の最寄り駅で、温泉街へは歩いて10分ほどの距離です。

湯檜曽、土合駅

土合駅と湯檜曽駅とループ線」をご覧ください。

越後湯沢駅


越後湯沢駅

 周辺はホテルや住宅が立ち並びます。冬場はスキーを持った人の利用も多いです。

六日町駅


六日町駅

 

小千谷駅


小千谷駅

 小千谷市の中心部へは、駅前の道を歩いて10分ほどかかります。

川原湯温泉駅、長野原草津口、万座・鹿沢口、大前駅

青春18きっぷで乗れる路線図・関東編」内の吾妻線の項目をご覧ください。

駅の小事典



検索について(左側)

このページのいちばん上へ


旅の宿はこちら(外部)