青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 北海道の旅 > 室蘭・苫小牧周辺のJR線の旅

室蘭・苫小牧周辺のJR線の旅

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。

長万部・函館方面札幌・留萌方面
路線図・室蘭・苫小牧周辺のJR線 地球岬 室蘭カレーラーメン 静内駅の駅そば 襟裳岬
(八戸へ) (帯広方面)

本ページの範囲

室蘭本線(室蘭〜苫小牧〜追分)

室蘭〜東室蘭 7.0km (15分)、1時間に1本程度。キハ40・143・150が1〜2両で運転されます。特急「すずらん」もこの区間は普通列車として運転されます。

東室蘭〜苫小牧 58km (1〜5時間) 、1〜2時間に1本程度。キハ40・143・150が1〜2両で運転されます。

苫小牧〜追分 35.6km (40分) 、僅少。キハ40が1〜2両で運転されます。


室蘭本線の車両

車窓

室蘭を出るとしばらくは町の中を走ります。反対側は新日鉄の工場です。東室蘭を出ると海沿いに出て、苫小牧まで時々海を眺めることができます。苫小牧からは内陸に入り、沼ノ端で千歳線と分かれると田んぼが中心の眺めになります。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

室蘭駅


室蘭駅

 

母恋駅


母恋駅

母の日が近づくと、この駅の入場券がよく売れるそうです。地球岬へは歩いて45分くらいです。

地球岬

断崖絶壁にある岬です。それこそ、何もないことが魅力です。母恋駅から徒歩45分。「地球岬団地」行きのバスもありますが、そのバスに乗っても急な坂道を20分ほど歩かなければなりません。下画像は雨の日だったので景色はよくありません。


地球岬

東室蘭駅


東室蘭駅

室蘭市の事実上の中心駅です。橋上駅で線路をまたぐ歩道橋を兼ねた通路は「わたれーる」という愛称が付けられています。ちなみに、わたれーる内にある室蘭市役所の窓口は「えきがるセンター」でした。室蘭の方々は、駄洒落が好きなようです。

室蘭のカレーラーメン

室蘭市のご当地グルメとして売り出し中です。カレー味のスープが特徴のラーメンです。具は刻んだ昆布や、モヤシもカレーで和えてあるので、食べていると汗が噴出してきます。

室蘭市内各所にあるのですが、東室蘭駅の西口(中島町方面)を出た所にある「味の大王」で食べました。


室蘭カレーラーメン

登別駅


登別

登別温泉の下車駅です。外国人(観光客はもちろん、登別で働いている人も)の利用が多いです。

白老駅


白老駅

乗っているだけでは気付かないかもしれませんが、当駅から苫小牧を越えて沼ノ端駅までは、日本一長い直線区間だそうです。

苫小牧駅


苫小牧駅

敦賀や東京・名古屋・八戸からフェリーが発着し、北海道の海の玄関口でもあります。

沼ノ端駅

千歳線が分岐する駅で、結構広い構内を持ちます。周辺は住宅地になっています。


沼ノ端駅

 

早来駅


早来駅

駅周辺は住宅が多く、ラッシュ時間帯は高校生らで賑わいます。

日高本線

高潮に乗って海沿いの線路が浚われたとかで鵡川〜様似間が不通になっています。現在は苫小牧〜鵡川間(30.5km 30分)のみの運転で、その先はバス代行となっています。

苫小牧〜様似 146.5km 3時間30分 僅少。キハ40で運転。


日高本線の車両

代行バス

鵡川〜静内、静内〜様似に運転系統が分かれています。前者は地元の観光バスの会社が、後者はJR北海道バスが主に走っているようです。(3・4つ目の画像参照)静内駅での接続が良くないこともあります。


日高線の代行バス

車窓

しばらくは室蘭本線を岩見沢方向に走り、貨物駅があるあたりで分岐し海岸近くを進みます。海沿いに走ることもあり、牧場も度々見かけます。

 主な駅紹介

鵡川駅


鵡川駅

現在は代行バスと接続する駅になっています。

富川駅


富川駅

 

静内駅


静内駅

バスターミナルと併設の駅で、結構賑わっています。

 静内駅の駅そば

改札口を出たあたりにあります。「かけそば」を注文すると、天かすが混じったネギが入ったそばが出てきます。静内駅では長時間停車する列車が多いので、その時にいかがでしょうか?


静内駅の駅そば

日高三石駅


日高三石駅

だだっ広い駅舎が目立つ駅です。駅周辺は結構な規模の住宅地です。代行バスのりばは駅前です。

本桐駅


本桐駅

駅周辺は住宅が多いですが、少し離れると牧場に変わり、馬が遊ぶ姿を見ることができます。代行バスのりばは、上記駅から少し離れています。

浦河駅


浦河駅

浦河町の中心市街地にあり、駅近くには役場があります。代行バスのりばは、海側の国道沿いになります。

様似駅


様似駅

襟裳岬へは、ここでバスに乗り換えになります。

襟裳岬

森進一の歌で有名ですが、決して「何もない」ことはありません。


襟裳岬

アクセス 日高本線の終点の様似駅からバスで1時間。様似駅の窓口で発売されている往復きっぷ(1800円)がおすすめです。


襟裳岬へのバス

千歳線

千歳線の南部分です。詳細な情報は「札幌周辺のJR線の旅」をご覧ください。

沼ノ端〜南千歳 18.4km 1時間30分 毎時1本程度。721・731・733・735系が3〜6両で運転。721系はほとんどありません。

 主な駅紹介

植苗駅

駅前に民家が数件ほどある他は何もありません。


植苗駅

サイトマップ

2018/7/29 更新