青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 北海道へ行こうよ > 船で北海道へ

船で北海道へ

青春18きっぷだけで北海道へ行くと、片道だけで3日かかります(大阪から出発した場合)し、通勤電車のような列車に長時間揺られるので、北海道に着くまでにかなり消耗するでしょう。

普通列車(夜行も含む)を乗り継ぐだけで札幌以遠に行けた時代もありましたが、今はどこかで宿泊する必要(フェリーなども含む)がありますので、北海道までは他の交通手段を利用し、北海道内を青春18きっぷで楽しむような旅も検討してみてはいかがでしょうか?

船で北海道
北海道完結の青春18きっぷプラン

船で

北海道までの移動を流れ図で示すとこんな感じになります。

北海道までの移動を流れ図で示す

以下、大阪駅から出発すると仮定して、この図に沿って説明しますと・・・

 発駅から港へ

大阪駅と港とは120キロ以上離れているので、港の最寄り駅へ青春18きっぷを使っても1回分の元は取れます。(後述)

 大阪から利用できる主な航路(主に新日本海フェリー)

<舞鶴〜小樽>

時刻運航日港へのアクセス
舞鶴 0:30→小樽 20:45ほぼ毎日(運休日あり)東舞鶴駅、新大阪駅、三ノ宮駅から連絡バスあり(運転日注意・有料)
小樽 23:30→舞鶴 21:15ほぼ毎日(運休日あり)小樽築港駅から徒歩30分、小樽駅からバスもあり

JR難波駅(OCAT)〜舞鶴港間の連絡バスが運転されています。(要予約)

神戸(ミント神戸)〜舞鶴港間のバス・舞鶴港〜小樽港間のフェリー運賃(ツーリストA)がセットになった「北海道バス得きっぷ」(神戸発)・「神戸バス得きっぷ」(小樽発)があります。(乗船日の6〜7日までに要予約・9900〜10900円・お盆の時期は未設定) 詳しくは新日本海フェリーのホームページで。

<敦賀〜苫小牧(直行)>

時刻運航日港へのアクセス
敦賀 1:00→苫小牧 20:30ほぼ毎日(運休日あり)敦賀駅から連絡バスあり(有料)
苫小牧 23:30→敦賀 20:30ほぼ毎日(運休日あり)苫小牧駅から連絡バスもあり(有料)

<敦賀・新潟〜苫小牧(秋田寄港便)>

時刻運航日港へのアクセス
新潟 23:15(10:00)→苫小牧 17:20毎日※新潟駅から路線バス
苫小牧 19:30→新潟 15:30(5:30)毎日※苫小牧駅から連絡バスもあり(有料)

時刻欄のカッコ内は敦賀のものです。苫小牧発の場合は、敦賀に着くのは翌々日になります。※運航日は新潟発着のものです。敦賀発着となるのは週1日程度。

新潟港の最寄バス停は「末広橋」となります。(新潟駅から毎時2〜3本運転。直接フェリー乗り場に入るバスもあります。)

<新潟〜小樽>

時刻運航日港へのアクセス
新潟 10:30→小樽 4:30火曜〜日曜新潟駅から路線バス
小樽 10:30(19:30)→新潟 6:00(15:30)火曜〜日曜小樽築港駅から徒歩30分、小樽駅からバスもあり

小樽発のカッコ内の時刻は日曜日のものです。

<この他>

名古屋から苫小牧までのフェリーがあります。

 船内の様子

18000トン以上の大型船が就航しています。船内にレストランもありますが、食事代を切り詰めたい方は、乗船前にカップ麺を買い込むことをおすすめします。船内に「給湯室」があり、お湯はそこで自由に入れることができます。




船内の様子、船からの眺め

 港から一旦札幌へ & 札幌から各地へ

北海道側の港に着くのが夜になりますので、青春18きっぷを使って旅する場合は、一旦札幌などへ行き宿泊することになるでしょう。宿泊費を安く上げたい方は、札幌駅周辺駅のネットカフェや「すすきの」(札幌駅から徒歩10分くらい)にカプセルホテルがあるそうです。また、札幌駅近くにネットカフェもあります。 札幌のカプセルホテルについてはこちら(楽天トラベルより)


船で北海道へ行く時間がない方は、こちらもどうぞ(外部)

北海道完結の18きっぷプラン

青春18きっぷを使う日は1日中列車の中、使用しない日は現地に留まるか他の移動手段を使う、といった具合にメリハリをつけるのがプラン作りのコツだと思います。2つほど例を挙げると・・。

 稚内(宗谷岬など)へ

<1日目> 札幌から稚内まで移動

<2日目> 稚内周辺や宗谷岬、サロベツ原野、利尻などを見物

<3日目> 稚内から小樽まで移動・帰路

 知床へ

<1日目> 札幌から網走まで移動

<2日目> 知床や網走を観光

<3日目> 網走から苫小牧へ移動・帰路

サイトマップ

2017/3/24 更新