青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 青春18きっぷで中央本線信州・高山本線への旅 > 青春18きっぷの旅(高山本線・名古屋近郊エリア)

青春18きっぷの旅(高山・名古屋近郊エリア)

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。

(福井・金沢方面)富山方面 
青春18きっぷの旅(高山エリア)
大阪・東京方面松本・長野方面


本ページの範囲

高山本線(岐阜〜美濃太田)、太多線

岐阜市・名古屋市への通勤通学利用が多い区間です。岐阜から太多線(美濃太田)経由で多治見駅まで運転される列車が多いので、ひとまとめにして取り上げます。

岐阜〜美濃太田 27.3km (40分)、美濃太田〜多治見 17.8km(30分) いずれも1時間に1〜2本程度。

車両

キハ75・25で運転されています。キハ25はロングシート車が多いそうです。


高山本線・太多線の車両

 車窓

高山本線の列車は、岐阜駅の3本のホームのうち、真ん中のホームから主に発車します。岐阜駅を発車すると、すぐに高架線を降り、その後は、岐阜の市街地を駆け抜けます。鵜沼(うぬま)を過ぎると、右手に木曽川が近づき、次の坂祝(さかほぎ)付近までこの川に沿って走りますが、この付近は「日本ライン」と呼ばれる観光地です。

美濃太田駅を出ると高山方面の線路と分かれ、木曽川を渡ると山間の平地をのんびりと走ります。駅近くでは住宅が、それ以外では畑とその向うに見える山が車窓の中心になります。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

鵜沼駅


鵜沼駅

名鉄の新鵜沼駅とは連絡通路でつながっていて、犬山方面へ乗り継ぐことができます。

犬山城

江戸時代以前に建てられ、天守が現存する城の一つです。国宝にも指定されています。


犬山城

名鉄線の犬山駅から徒歩15分、途中には古い町並みがあります。鵜沼駅からは犬山橋を通って徒歩30分くらい。

美濃太田駅


美濃太田駅

かつて、加茂郡太田町にあったことから「美濃太田」という駅名がついたそうです。今は美濃加茂市にあります。

美濃加茂焼きそば

高山本線の美濃太田駅の近くにあった食堂で出されていたという「焼きそば」を再現したものです。出て来た時にはソースが混ぜられてなく、必要に応じてソースをかけて混ぜて食べます。ソースをかけなくても軽く塩味です。お店の方曰く「最初はそのまま食べて、そのあとでソースをかけて食べれば2度楽しめますよ」。

美濃太田駅南口の正面の道を2〜3分歩いた所にある「扇」さまでいただくことができました。


美濃加茂焼きそば
ここに説明が表示されます。

可児駅


可児駅

太多線の中心駅で、近くには名鉄線の駅もあります。訪問時には、橋上化のため駅舎の一部に覆いがかけられていました。

高山本線(美濃太田〜高山〜猪谷)

ここからが高山本線の本番です。飛騨川の渓谷や峠越えなどを楽しむことができます。

美濃太田〜高山 109.1km (2時間20〜50分) 高山〜猪谷 52.8km (1時間10分) いずれも僅少。

車両

キハ75・25で運転されています。キハ25はロングシート車が多いそうです。やや高級感のあるキハ75は下呂までの運転ということです。

車両画像は「岐阜〜多治見」をご覧ください。

 車窓

美濃太田を出ると太多線が右に分かれて行き、次の古井(こび)駅を出たあたりから木曽川の支流・飛騨川が近づき、この川に沿って列車は走ります。この先は、飛騨川の様々な姿を見ながら列車は走ります。上麻生(かみあそう)から次の白川口(しらかわぐち)あたりは、「飛水峡」という名前がついています。さらに行くと、ダムらしき施設が見え、ダムが終わるとさらに渓谷が続きます。

白川口駅を出ると、茶畑を見ることもできます。この後は、「中山七里」と呼ばれる渓谷になり、飛騨金山(ひだかなやま)、焼石(やけいし)といった駅を通ります。このあたりからは冬は雪が積もります。さらに進むと山が後退し賑やかになってきて、下呂駅に到着です。

下呂駅を発車すると、すぐに飛騨川を渡ります。河川敷には、下呂温泉の温泉街が見えます。この後は飛騨川に沿う所もありますが、少し離れることもあります。飛騨宮田(ひだみやた)を出るとダムを通り、その後は川幅も狭くなってきます。

久々野(くぐの)を出ると飛騨川と別れ登り勾配になります。そして長いトンネル(宮トンネル)を通ります。トンネルを抜けると、住宅を見下ろしながら坂を下っていきます。ある程度行くと、進行方向右側に下って来た線路が見えるようになります。この先は宮川(下流は神通(じんつう)川)に沿って走りますが、この川は日本海に注ぐ川です。飛騨一ノ宮(ひだいちのみや)駅を過ぎると住宅が増え賑やかになってきます。そしてホテルなどが見えて来ると高山に到着です。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

下油井駅


下油井駅

 駅前は小さな集落です。

焼石駅


焼石駅

「焼石に水」と関係があるんでしょうか?

下呂駅


下呂駅

有名な温泉の町で、駅前やホームにも温泉が引かれています。普通列車に限れば、岐阜方面からの客の多くがこの駅で降ります。

白鷺の湯(下呂温泉)

下呂温泉の温泉街の中にあります。レトロな建物が特徴です。浴室からは、下呂の町並みが見渡せます。

単純泉。高山本線・下呂駅から徒歩10〜15分。ロッカーは有料。石鹸はなし。


下呂温泉 白鷺の湯

歩くのが面倒な方は、下呂駅から徒歩7分くらいの「幸の湯(さちのゆ)」があります。また、勇気のある方は河岸には露天風呂があり、だれでも無料で楽しめます。


下呂温泉

 

久々野駅


久々野駅

高山本線では最も高所にある駅だそうです。

飛騨一ノ宮駅


飛騨一ノ宮駅

 駅近くに「水無神社」という、この地方ではおそらく一番大きな神社があります。私が行った時は、大雪で神社まで歩くのが一苦労でした。また、ホームの積雪も多いため駅名標のある位置まで歩くことができず、カメラの望遠を使って駅名標を撮影しました。

高山駅


高山駅

飛騨の中心にある駅です。観光客も多いですが、地元の人も多く見かけます。

飛騨高山の景色

飛騨の小京都だけあって、寺社が多く、路地に入ると昔ながらの町並みに出会えます。

高山駅正面の道を歩いてください。


高山

 

ちとせ(高山駅から徒歩5分)

高山本線・高山駅近くの商店街の中にあり、地元の人にも人気の店です。ラーメン(「中華そば」というメニュー)は、細い縮れ麺が特徴で、だしはあっさりしていますが、ほどほどにあぶらっこいです。

とはいえ、ラーメンよりも焼きそばで有名な店のようで、入口のドアを開けるとソースのにおいが食欲をそそります。道順はこちら(ヤフーの地図)で


高山ラーメン

高山バーガー(花水木様)

高山市街を歩いていて、たまたま看板を見かけたので食べてみました。口に入れて噛むと、リンゴのソースの甘酸っぱさをまず感じ、次の瞬間に飛騨牛100%のハンバーグのジューシーな食感が飛び込んできます。まさに「肉を食べている」という感じです。ちなみに680円するんですが、マクドのものと比べればかなり小さめです。

高山駅から歩いて8分ほどです。道順はこちら(ヤフーの地図)で。高山の町並みを散策の途中にでもいかがでしょうか?


高山バーガー

飛騨古川駅


飛騨古川駅

大雪の時に行ったので、駅からほとんど出れませんでした。

飛騨細江駅

山の中にひっそりとたたずむ無人駅です。


飛騨細江駅

中央本線(名古屋〜中津川)

大阪・名古屋から松本・長野へアクセスする路線です。この区間は名古屋への通勤路線となっています。

名古屋〜中津川 79.9km(1時間20分)1時間に2本程度

車両

211系、313系(「セントラルライナー」で使用されていた8000台も含む)などが3〜7両で運転されます。異なる形式を混結することも多く、自分のところに止まった車両がロングシート車でも、他の車両はクロスシート車であることもあります。


中央本線・名古屋エリアの車両

 車窓

名古屋駅を出てしばらくは名古屋市の中心部を走り、高蔵寺(こうぞうじ)あたりまでは名古屋近郊の市街地を走ります。高蔵寺を過ぎると一気に山の中に入ります。トンネルを抜けると、そばを流れる川の流れ(古虎渓(ここけい)といわれる景勝地)と共に多治見に到着し、多治見を過ぎるとのんびりとした田園風景が中津川まで続きます。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

金山駅

名古屋駅と同様、名古屋市の中心駅で終日賑わっています。名鉄、地下鉄も乗り入れているので、駅舎には「金山総合駅」と書かれています。


金山駅

 

台湾ラーメン(名古屋市)

ピリ辛のラーメンです。食べ終わった後、汗がたくさん出て来ました。なぜ「台湾ラーメン」というのかは不明だそうです。

名古屋駅に近い金山駅から徒歩数分のラーメン屋さんでいただきました。


台湾ラーメン

地図はこちら(ヤフー地図より)

千種駅


千種駅

名古屋の副都心のような駅です。画像にあるように、駅周辺には河合塾などの予備校や塾が立ち並びます。

大曽根駅

駅前からは、専用軌道をバスが走るゆとりーとライン(次項)が発着します。また、中日ドラゴンズの本拠地のナゴヤドームが徒歩圏にあります。


大曽根駅

ゆとりーとライン

日本で唯一と思われるガイドウェイバスです。バスなんですが、途中の木幡(こはた)緑地までは専用軌道を走り、その先は通常のバスとして一般道を走ります。

名古屋駅から中央本線に乗って4つ目の大曽根駅から発着しています。


ゆとりーとライン

高蔵寺駅


高蔵寺駅

名古屋のベッドタウンである「高蔵寺ニュータウン」の下車駅です。駅もどこかニュータウンの感じがする構造になっています。

定光寺駅


定光寺駅

渓流沿いにあり、ホームからの眺めはなかなかのものです。名古屋の奥座敷という感じの駅です。

多治見駅


多治見駅

スタンプにもあるように美濃焼の産地として知られていますが、最近は、夏になると「日本一暑かった場所」としてマスコミで取り上げられることが多くなりました。当駅から中津川の少し先までは岐阜県を走ります。

土岐市駅


土岐市駅

こちらも美濃焼の産地です。

瑞浪駅


瑞浪駅

名古屋から当駅で折り返す列車があります。

恵那駅


恵那駅

恵那峡への下車駅です。

中津川駅


中津川駅

名古屋駅からの普通・快速列車のほとんどがこの駅で終着となり、この先は2両編成のワンマン列車に乗り換えです。

根の上そば(中津川駅の駅そば)

ここまでくれば、だしは関東風です。待合室の中にある(改札内からも利用可能)昔ながらの立ち食い蕎麦屋ですが、地元の人が店員と話し込んでいることがあるため、よそ者には入りづらいかもしれません。(それだけ地元の人から愛されているということかもしれません)


中津川駅 根の上そば

青春18きっぷで出かけよう サイトマップ

2017/8/13 更新