青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 山陰本線の旅 > 山陰本線(米子〜出雲市〜益田)の旅

山陰本線(米子〜出雲市〜益田)と周辺路線の旅

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。

東萩・下関方面 鳥取方面
路線図・山陰本線(米子〜出雲市〜益田)と周辺路線 三江線の旅
山口方面広島方面岡山方面

本ページの範囲

山陰本線(米子〜出雲市〜益田)

米子〜出雲市 61.6km (1時間20分)、1時間に1〜2本程度。キハ47や115系が中心で、快速「アクアライナー」「とっとりライナー」のキハ126も走ります。2両編成が多いです。

出雲市〜益田 129.9km (2時間40分) 、1〜2時間に1本程度。快速「アクアライナー」(キハ126の2両)が中心で、普通列車(キハ120・47・40)の場合は浜田駅で乗り換えになるケースもあります。


米子〜益田の車両

車窓

米子を出ると、田んぼの中を伯耆大山から続く複線をぐんぐん飛ばして行きます。安来(やすぎ)を過ぎる単線となり、荒島(あらしま)を出ると右手には中海が広がります。画像ではわかりにくいですが、遠くに広がる陸地は大根島です。次の揖屋(いや)あたりで中海は終わり、東松江(ひがしまつえ)からは右手に大橋川が現れます。この川は、中海と宍道湖をつないでますが、途中に「矢田の渡し」という渡し舟があります。線路が高架になると松江(まつえ)に到着です。松江を過ぎると、今度は宍道湖が目の前に飛び込んできます。季節と時間によっては、小船を浮かべて漁をしている人がいるのに気づきます。乃木(のぎ)を過ぎると、宍道湖に沿って走ります。後を向くと、松江の町が遠くなっていきます。宍道湖の景色も宍道(しんじ)あたりで終わり、この後は田畑、といっても最近はどんどん宅地に変わってるところを進み、斐伊川を渡ると遠くに出雲ドームが見え、やがて高架になると出雲市(いずもし)に到着します。

出雲市(いずもし)を発車するとすぐに市街地がとぎれ、田んぼや畑が広がります。鳥取や松江とは違い、ずっとひなびた雰囲気に変わってきます。小田(おだ)あたりから海岸に出て、次の田儀(たぎ)駅は、右側に国道9号線が走り、その向こうは日本海が広がります。この後は、時折海岸沿を行ったり、山に入ったりを繰り返します。大田市(おおだし)を過ぎると、左手に車窓の雰囲気に不似合いな妙な三角の建物が見えます。この地域の海岸は「鳴き砂」で有名なんですが、これは「仁摩サンドミュージアム」という砂の博物館です。そして、江の川を渡ると左から三江線が近づき江津(ごうつ)に到着です。その後も、益田まで同じような車窓が続きますが、やはり海沿いの景色が素晴らしいです。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

安来駅


安来駅

安来節で有名な町です。線路の南側には、何を作っているのかわかりませんが日立金属の工場があります。

荒島駅


荒島駅

木造駅舎の駅です。

松江駅


松江駅

松江城、小泉八雲旧家、宍道湖の夕日など、いろんな角度から楽しめる観光の町です。宍道湖をはさんだ北側には一畑電車の松江しんじ湖温泉駅があり、出雲大社などへ行くことができます。

八重垣神社

 出雲大社と並ぶ「縁結びの神様」で知られる神社です。「鏡の池占い」でも有名です。周辺には結婚式場が点在しています。


八重垣神社

 松江駅からバスで15分。日中は30分間隔で運転です。

松江城

 松江市の象徴で「千鳥城」という別名もあります。周囲を囲む堀を巡る遊覧船もあります。


 松江駅からバスで10分の県庁前バス停で下車。便多数。さらに歩いて5分ほど。

松江大橋

大橋川に架かる松江市を代表する橋です。天気がよければ、大山を見ることもできます。朝早くに渡ると、しじみ漁(?)の小舟を見ることもできます。


松江大橋

 松江駅からバスで5分の「大橋南詰」または「大橋北詰」バス停で下車(「大学・川津方面のバスが一番無難です。便多数)。又は松江駅から歩いて15分ほど。

玉造温泉駅


玉造温泉駅

玉造温泉へは、バスに乗り換えます。駅舎といい、ホームの上屋といい、歴史を感じさせます。

宍道駅


宍道駅

駅のスタンプには「宍道湖の落日が美しい…」とありますが、宍道湖の落日の眺めは松江の方がいいです。木次線が分岐しますが、かつては独立した4・5番線から出ていたものの、減便などの影響で撤去され、今は3番線から発着しています。

荘原駅


荘原駅

 

直江駅


直江駅

駅舎は一応あるのですが、何かの事務所が使用していて、駅としての機能はありません。跨線橋の中に簡単な切符売り場があり、ここが駅入口になっているようです。

出雲市駅


出雲市駅

かつては待合室のベンチでたくさんの人が肩を寄せ合って列車を待っていたのが印象的でしたが、高架化によって駅の中はガランと寂しくなったような気がします。駅入口は、出雲大社をイメージしたものです。

一畑電車

 松江市北部の「松江しんじこ温泉」駅と出雲市駅、出雲大社駅を結ぶローカル私鉄です。おおむね、平田市駅以西は田園風景が、以東は宍道湖の眺めが車窓の中心です。全国的に珍しい平面でのスイッチバックの駅(一畑口駅)もあり、鉄道ファンにも人気です。松江城〜出雲大社の観光ルートに利用でき、下画像にあるように自転車を持ち込むことも可能です。


一畑電車

松江しんじこ温泉駅へは、松江駅からバスで15分ほどですが、あまり本数は多くありません。出雲市側の「電鉄出雲市」駅は、出雲市駅から高架下を歩いて2〜3分です。

出雲大社前駅(一畑電車)

一畑電車の終着駅の一つです。洋風の造りで、この駅で結婚式を挙げたカップルもいたそうです。


出雲大社駅

出雲市駅から一畑電車に乗り、途中「川跡駅」で乗換えて25分くらい。

出雲大社

 縁結びの神様として知られ、全国から参拝者が絶えません。


出雲大社

出雲市駅からバスが一番便利です。出雲市駅前から30分くらいの「出雲大社」で下車。鳥居から参道を歩いて参拝したい場合は「正門前」で下車してください。

旧大社駅

かつての大社線の終着駅です。1990年に廃止となった後も、駅舎は地元の皆様によって管理され、観光地の一つになっています。ホームには、D51が静態保存されています。


旧大社駅

出雲市駅から出雲大社(駅通り経由のみ)行きのバスに乗り20分くらい。(1時間に1本程度の運転) 駅通りバス停で降りて、徒歩2分くらいです。

 出雲そば

出雲市駅、松江駅の周辺に出雲そばの店が多くあります。出雲市駅構内の飲食店で食べることもできます。

「ざるそば」の一種ですが、ザルからつゆの入った小鉢に取って食べるのではなく、3〜5枚の容器(「割り子」とかいう)にそばと薬味が入っていて、それにつゆをかけて食べます。

出雲そば

出雲駅前温泉らんぷの湯

出雲市駅の南側にあります。脱衣所や浴室の照明はランプ(実際は電球)を使用しかなり薄暗いです。温泉は、いわゆる「にごり湯」で、白っぽい色をしています。湯船は通常のもの以外に「個別露天風呂」があり、混雑時はかなり待たないと入れないでしょう。750円(平日は650円・曜日問わず、消費税関連でもっと高くなっている可能性あり)も取る割には、大型の荷物を入れるロッカーがなく(受付で預かってくれるようです。また、貴重品を入れる小さなロッカーはあります。)、旅行者の日帰り入浴には不向きかもしれません。石鹸・シャンプーは置いてあります。

カルシウム・ナトリウム-塩化物泉。出雲市駅の南口を出てすぐ右側にある「スーパーホテル」の裏手。


出雲駅前温泉らんぷの湯

 

西出雲駅


西出雲駅

かつては知井宮(ちいみや)という駅名で、線路の北側に和風のどっしりとした駅舎があったのですが、南側の開発によって今のような形になったようです。下関方に大きな車庫があり、特急「やくも」などが配置されているため、この駅まで電化されています。

出雲神西(じんざい)駅


出雲神西駅

一時期、「出雲大社口」という駅名に変更されたこともあり、その時に画像にあるような出雲大社をイメージした駅舎に建て替えられたようです。「出雲大社にいちばん近い駅」ということで変更されたそうですが、出雲大社へのアクセスはタクシーしかなく、ワンマン運転の普通列車に乗っていると「出雲大社へお越しの方は、出雲市まで行ってください。」というアナウンスがあったくらいです。

田儀駅


田儀駅

 道路の向こうは日本海で、眺めも素晴らしいです。

大田市駅


大田市駅

三瓶(さんべ)山の最寄り駅ですが、今は石見銀山の入口として知名度が急上昇です。跨線橋の門柱は、現役で使われているものとしては最古だそうです。(「跨線橋の入口」の画像で、赤矢印の部分)

石見銀山

江戸時代頃まで銀を産出していたところで、世界遺産に登録されています。大田市駅、仁万駅、三江線の石見川本駅からバスでアクセスします。最も運賃が安く所要時間が短いのは仁万駅です。


石見銀山

五十猛駅


五十猛駅

築堤上にホームがあり、線路をくぐるガードから階段でアクセスします。

仁万駅


仁万駅

近くの鳴き砂浜の砂を利用した砂時計で知られる「仁摩サンドミュージアム」の最寄り駅です。石見銀山の最寄り駅でもあり、本数は少ないですがバスもあります。

温泉津駅


温泉津駅

歴史ある温泉津温泉の下車駅です。駅前からバスが出ている他、歩いても20分くらいです。

温泉津温泉

古くからの温泉で、散策にはもってこいのところです。温泉街の道路は車1台がやっと通れるくらいの幅しかなく、正面から建物を撮影するのは困難です。温泉は温度が非常に高く(44度程度)、私は浸かれませんでした。

日帰り温泉が2件ありますが、「入るだけ」という感じの施設で、体を洗ったりする設備は貧弱です。石鹸などの備えはありません。ナトリウム-塩化物泉。


温泉津温泉

アクセスについて:温泉津駅からバスが出ていますが、コミュニティバスで途中の停留所などの案内放送はありません。乗車時に行き先を告げるのをお勧めします。所要時間は5分くらいです。


温泉津温泉

江津駅


江津駅

三江線との接続駅です。駅を出て左側に5分ほど歩いた所が江津市の中心のようです。何とも、江津市は東京からは最も遠い(所要時間がかかる)都市だそうです。

都野津駅


都野津駅

都市の代表駅ではありませんが、近くに江津高校があり、利用者が結構多いので快速列車が停車します。

下府駅


下府駅

畳ヶ浦の下車駅ということですが、歩いていくのはちょっと遠いようです。

浜田駅


浜田駅

以前は構内が広かったですが、今は必要最小限を残して整地されてしまいました。その部分には大きな病院が建っています。

折居駅


折居駅

 海のすぐそばにある小さな駅です。

益田駅


益田駅

JRの米子支社と広島支社との境界駅(管轄は米子)で、広い構内には気動車(キハ40など)が多数止められています。

木次線(宍道〜備後落合)

宍道〜備後落合 81.9km (3時間15分程度)、1〜3時間に1本程度運転。木次線専用の黄色系デザインのキハ120(ロングシートが多い)が1両で走っています。中には朱色一色の車両もあります。


木次線のキハ120

この他、週末を中心に「奥出雲おろち号」が運転されています。詳細は「おろち号とスイッチバックの旅」をご覧ください。

車窓

田んぼが中心ののどかな景色が続きます。出雲坂根駅はスイッチバックの駅で、走行時は違った景色が楽しめます。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

木次駅


木次駅

木次線の中心駅で、構内に木次鉄道部(車庫)があります。

出雲三成駅


出雲三成駅

亀嵩駅


亀嵩駅

松本清張氏の小説「砂の器」に登場したとかで、訪れるマイカーやバイク利用の観光客が多いようです。列車を利用せずにホームに出る人は、入場券(140円)をお買い求めください。(または入場券相当額を回収箱に投入)

出雲横田駅


出雲横田駅

出雲大社を模したという駅舎です。駅に出入りする際は、しめ縄の部分が当たらないようにご注意を。

出雲坂根駅


出雲坂根駅

駅は3段式スイッチバックの一部となっています。ホームには「延命の水」が湧いていて、停車時間(5分程度)の間に飲むことができます。

2017/8/11 更新