青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > ご利用について

青春18きっぷで出かけよう サイトマップ
2017/05/26 更新

ご利用について

当サイトについて

 当サイトの概要・沿革

当サイトは、1998年5月に開設し、その当時はヤフーの紹介文にもある「山陰本線の車窓」が中心で、端の方に「青春18きっぷ」関連の話題を取り上げていました。が最近では、「青春18きっぷ」関係でのアクセスが好調なことから、「青春18きっぷ」を使った旅を楽しんでいただくアイデアを中心にサイトを制作しています。

当サイトのタイトルのうち、「Local Train」は「普通列車」を示し、「Trip(trip)」とは「小旅行」という意味の英単語です。合わせて「普通列車の旅」ということで、これがちょうど当サイトの身の丈に合ったタイトルだろうと考えています。

なお、開設当時は「日本の車窓から」というタイトルで、いろいろ事情があって、3回タイトルを変えて今に至っています。開設から2003年4月20日まで、およそ14万件のアクセスをいただきましたが、「気持ちを新たに」ということで現在のカウンターには、過去のアクセス数は加えていません。

管理者は青春18きっぷを初めて使ったのは1987年(国鉄からJRに変わった年)の夏季で、初めて使った時は18才になっていませんでした。

 当サイトの構成について

当サイトでは、青春18きっぷの旅を極限までお楽しみいただくための情報を取り上げています。出発地は大阪駅を想定し、京阪神エリアの方々にご覧いただくことを前提に作成していますが、車窓や路線・列車紹介については他地域の方にも十分ご覧いただける内容かと考えています。

コンテンツは一部を除いて地域別にまとめています。トップページの地図のどこかをクリックすると、「その地域のトップページ」(以下、「地域トップ」と書きます。)が開きます。

<「地域トップ」に載せていること>

※ 九州・関東東北・北海道エリアは異なります。

「地域トップ」には、「大阪駅からの日帰り旅行プラン」「のりつぎ検索」「大阪駅からの所要時間」を載せていて、他地域のものと見比べることで、旅の行先を決める際に活用できます。

「大阪駅からの日帰り旅行」(ページ左側)では、その名の通り、大阪駅からの日帰り旅行に最適な行先(観光地)を取り上げています。そこへの乗継は、次項で紹介する「のりつぎ検索」を利用することで得られます。

「のりつぎ検索」(地図の下、左側)では、京阪神エリアから主要駅までの普通・快速列車ののりつぎを検索できるようにしています。(「のりつぎ検索」は、南紀伊勢方面にはありません。その代わり、日帰り旅行に最適な乗り継ぎを記載しています。)

「大阪駅からの所要時間」(地図の下、右側)は、その名の通りです。大阪駅から主な駅までの大まかな所要時間を載せています。

<「地域トップ」以下のページに載せていること>

「地域トップ」に載せている地図の路線部分をクリックすると、その路線を紹介するページに飛びます。その路線で活躍する車両や、走る列車の車窓を紹介しています。

また各「地域トップ」の地図には、「青春18きっぷで乗れるおいしい列車(一部除く)」「いつもの駅からすべての駅へ」「○○の景色(一部のみ)」(※)、「ご当地グルメ・駅うどんそば(※)」「日帰り温泉」(※)などのアイコンを載せていて、クリックするとそれらを紹介するページに飛びます。なお、「ご当地グルメ」「日帰り温泉」については、駅から徒歩でアクセスできるもの、徒歩が無理な場合はできるだけ安くアクセスできるものを取り上げています。(各ページの説明もご覧下さい)

地域によっては、本線以外の支線の路線紹介、特定の列車を深く追求したページ、観光地へのアクセスを紹介するページ、その他青春18きっぷを使った旅で訪ねてみたい場所を取り上げたページも用意しています。

コンテンツ見直し(統合)により、(※)のついたコンテンツは順次公開終了になります。

<「テーマトップ」について>

上記「地域トップ」とは別に、テーマにそって九州から北海道までのページを紹介しています。例えば、「青春18きっぷで乗れるおいしい列車」の場合は、九州・山陰・山陽・東海・信州・関東新潟・東北(南と北)・北海道といったページがあり、そのページ内で他地域の該当ページへのリンクもあります。

当サイトの多くのコンテンツは、「地域ごと」「テーマごと」、2種類の方法でアクセスできるようになっています。

<その他>

「青春18きっぷ」そのものや、発売日、利用方法については、「青春18きっぷについて」からごらんください。

青春18きっぷで出かけよう〜当サイトでわかること・できること」では、おすすめプランや各地へのアクセス方法などを紹介しています。(「地域別」の再掲です。)

夜行列車の紹介と、夜行列車を利用した乗り継ぎは「青春18きっぷで乗れる夜行列車」をご覧下さい。

 

 当サイトをより楽しんでいただくために・・・

当サイトでは、各ページにナビゲーションを設置しています。これを使って、トップページはもちろん、他地域の同趣旨のページや、他テーマのトップへ簡単に移動できるようにしています。下画像の数字又は赤枠で囲った部分にマウスポインタを合わせると、説明が表示されます。

コンテンツ見直し(統合)により、レイアウトが異なるページがあります。

また、関連の深いページへ「参考ページ」としてリンクを張っています。(ただし、相互リンクにはなっていない場合があります。その場合は、ブラウザの戻るボタンをご使用ください。)

一部のナビゲーションには広告を表示しています。興味を持たれましたら、ご利用ください。

ページによっては、そのページ自身の更新履歴を載せています。そのページの情報が、どの時点のものなのかが把握できると思います。

ページによっては、レイアウトが異なる場合がありますし、一部のナビゲーションがなかったり異なる場合があります。

トラブルの原因になりますので、掲示板はございません。御用のある方は、メールでお願いします。

 当サイトオリジナルのラインカラー

JRの会社の色を参考に各方面へのラインカラーを独自に決めていて、トップページの地図や各コンテンツのデザインも、その色に合わせています。

  •  山陰方面: (嵯峨野線、一時の「スーパーやくも」の色から)
  •  山陽方面: (JR西日本のコーポレートカラーから)
  •  四国方面:水色 (JR四国のコーポレートカラーから)
  •  南紀・伊勢方面: (暖かい、というイメージから)
  •  北陸方面:ピンク (雪のイメージ、「スーパー雷鳥」の色から)
  •  高山方面: (木、木造建築のイメージから)
  •  東海方面:オレンジ (JR東海のコーポレートカラーから)
  •  信州方面:黄緑 (森林のイメージから)
  •  九州: (JR九州のコーポレートカラーから)
  •  関東・東北:黄緑 (JR東日本のコーポレートカラーから)
  •  北海道: (JR北海道のコーポレートカラー?)

 当サイトに記載のデータ、免責事項について

乗り継ぎについて

当サイトでは、各地域への乗り継ぎを多数記載しておりますが、それらは京阪神、岡山、広島あたりから出発する場合を想定しています。よって、他地域の方には見苦しい部分もあるかと思います。ご満足いただけない方は、18きっぷ関連の乗り継ぎを扱っているサイトは他にも多数ありますので、そちらをご覧ください。

ダイヤ改正に併せて更新は行っておりますが、運転形態が大きく変わった場合など、更新が追いつかない場合もあります。そのあたりの判断は、各コンテンツの下部にある更新日を参考にしてください。

事故・災害などによりダイヤが乱れた場合は乗り継ぎがうまくいかないこともあります。記載している乗り継ぎ方法は、「このように乗り継げば、○○に行けるよ」というだけの話で、道中の快適性や安全性を保証するものではありません。

車窓の画像について

走っている列車の中から撮影したものがほとんどです。よって、画像がぶれていたり、天候や光の当たり具合によりうまく写ってないこともありますが、ご了承ください。

その他、記載のデータについて

基本的に、そのページが更新された時期での情報です。現在は異なる場合もあることをご承知置きいただき、各自の責任でご利用ください。

 著作権、発信場所について

各コンテンツは、個人で使用する場合に限り、他媒体へ複製する(紙にプリントするなど)ことを認めます。それ以外の無断転載は禁止です。転載ご希望の方は、メールでご相談ください。

当サイトは管理者が趣味(自己満足)で作っているもので、鉄道会社などは一切無関係です。

発信地は兵庫県尼崎市です。

 当サイトへのリンクについて
 ※ HPお持ちでない方もお読みください。

通常のHTMLファイルにてトップページにリンクを設定する場合は自由です。相互リンクも受け付けますので、トップページに戻り、「リンクのページ」からお申し込みください。

トップページ以外にリンクを設定する場合は、情報の出所をはっきりさせるために、

「ムーンライトながら」について(「Local Train Trip.」より)

という具合に当サイトのタイトルを必ず書き添えてください。

ブログや質問サイトの場合は、まずトップページにリンクを張っていただき、そこからのアクセス方法を書き添えるような形でリンクを張ってください。

リンクを張った場合は、事後で結構ですので、連絡いただけると嬉しいです。

ただし、次のページへのリンク設定はご遠慮ください。

  •  検索ロボットの巡回を拒否しているページ。(「メールのページ」、各種アンケートの送信ページなど)
  •  常識的に考えて、リンクを張る意図が理解できないページ。(このページ、サイトマップ、リンクのページ、更新履歴など)

また、上記でお断りしていないページであっても、次のような形でのリンク設定はおやめください。

  •  当サイトの信用を損なう内容(中傷など)を含んだ紹介文をつけること。
  •  フレームの一部に表示させること。
  •  当サイトのサーバー内にあるHTMLファイル以外のファイル(画像、jsファイルなど)に直リンクを張ること。
  •  営利目的のリンク設定。(「団体旅行を企画する旅行会社が、訪問地を紹介するために当サイト内のコンテンツにリンクを張ること」などが挙げられます。)
  •  管理者の同意を得ずに、メーリングリスト、掲示板、チャットなどに当サイトのURL(トップページ以外も含む)、タイトル、その他当サイトを特定できる情報を書きこむ(投稿する)こと。

リンクについては様々な意見があり、法律などでも細かいルールが決められていません。上記ルールも、リンクを張る人に強制するものではありません。あくまで「お願い」です。が、リンクは「あなたと私のお付き合い」です。相手が「やるな」と主張していることを、法律などで禁止されていないからといって、やるのはいかがなものでしょう? リンクの張り方によっては、リンク先のサイト運営に深刻な影響をもたらす可能性もあります。相手の考えを理解し尊重した上で、「リンクを張る」という行動に及んでいただきたいものです。

 動作について

当サイトは、日本語のみです。

当サイトは「IE(Internet Explore)11、画面は1024×768、文字コードは中」で動作確認しています。Cookie、JavaScriptを有効にしてご覧ください。

オペラ、Firefoxでの動作確認は行っていません。また、スマホや携帯電話やゲーム機などPC以外からのアクセスは想定していません。(スマホに関しては研究中。)

セキュリティー上、トップページ以外でリンク元のないアクセス(検索語を意図的に消去している場合も含む。)は、画像や乗り継ぎ時刻が見れないなどの影響があります。このあたりのことに関する問い合わせにはお答えしておりません。

また、望ましくないサイトに記載された当サイトへのリンクをクリックした場合は、アクセスが拒否されることがあります。この場合、無関係のサイトに転送されます。また、ホスト名が記録され、同じホストからのアクセスは当分の間拒否されます。(次項「Cookieについて」も参照。) このあたりのことに関する問い合わせにはお答えしておりません。

 Cookieについて

当サイトでは、アクセス管理のためにCookie(クッキー)を使っています。Cookieを受け付けない場合、一部のコンテンツがご覧になれませんので、「Cookieを受け付ける」状態でご覧ください。パソコン購入時は「Cookieを受け入れる」に設定されていますので、大多数の方は心配することはないはずです。

なお、当サイトによって書き込まれているCOOKIEは、各ページ上部の広告の右側の「◆」をクリックして現れるアラートの「cookie:」以下に書かれた文字列です。

「LOCAL=」「TRAIN=」の2種類のCookieを書き込んでいます。

「LOCAL=」はアクセスごとに書き込み、ブラウザをすべて終了させると消去されます。

「TRAIN=」はアクセス時に最初に開いたページで書き込み、3〜6ヶ月有効で期限が近くなると当サイトアクセス時に再び書き込みます。「TRAIN=」が有効であれば、トップページ以外のページをリンク元無しで開く(ごく一部を除く)ことができますが、長くお付き合いいただけるのであれば、トップページを「お気に入り」などに入れていただき、お目当てのコンテンツにアクセスいただきますようお願いいたします。

Cookieは、企業サイトを始めとして多くのサイトで取り入れられている技術です。これらは、道路などで見かける「交通量調査」と同じようなものとお考えください。あなたが歩いているのを見て、交通量の調査員がカウントしたとしても、それであなたの名前や住所が知られることは、調査員と顔見知りでもない限り、ありえないことですよね。これと同じで、Cookieを受け入れたことで、あなたの個人情報(お名前、年齢性別、住所、電話番号など)が漏れることはありませんので、ご協力お願いいたします。

 

「おいしい列車」「夜行列車」の列車紹介ページで使用している記号などの説明

元のページに戻る場合は、右側にある「前のページに戻る」ボタンをご利用ください。

 使用車両・運転の特徴・座席配置

 特急車両眺望車両の記号の付いてない列車は、ボックスタイプか転換クロスシートの座席です。(一部の座席がロングシートの場合もあり)

AB意味合い
特急車両 特急用の車両で運転される列車。元々特急用でなくても、リクライニングシートを配置した車両も含む。※
速達列車 速達列車。他の列車より所要時間が短い列車。
観光列車 観光列車。景色のいいところでは一旦停止や徐行をしたり、停車時間中に観光できる列車。
眺望車両 景色を楽しめるような座席やスペースを備えた列車。展望座席や座席を横向けにセットしてある車両で運転される列車。
その他の特徴 その他の特徴のある列車。(長距離を走る列車、変わった経路で運転される列車など。)

※ 列車番号のみで紹介している特急車両を使用する列車で、車両運用がはっきりしない列車は、都合により他の車両で運転されることがあります。

A・・・地域別の「おいしい列車」(列車紹介ページ)で使用している記号。

B・・・「青春18きっぷで乗れるおいしい列車」で使用している記号。

 座席の指定

 指定席券については「指定席に乗る時は」をご覧ください。以下の記号がない列車は、全車自由席です。

全席指定・・・全席指定。乗車するには、必ず指定席券が必要です。

一部指定・・・一部指定。指定席と自由席が混在する列車。指定席に乗る場合は、指定席券が必要です。

PCで空席照会できる列車・・・PCで空席照会できる列車。この記号がついていなくても、PCで空席検索が可能な列車があります。

えきねっと予約が可能・・・JR東日本えきねっとで指定席を予約できます。上記PCで空席照会できる列車のある列車はえきねっとでも予約できます。

 運転日について

下記の記号がない列車は毎日運転です。が、土休日運休や特定の曜日に運転のない列車もありますので、本文記事にご注意ください。

臨時列車・・・特定の時期に運転される列車。

土休日運転・・・土休日に運転される列車。時期によっては、運転されない列車もあります。

 

「のりつぎ検索」について

元のページに戻る場合は、右側にある「前のページに戻る」ボタンをご利用ください。

 こんな使い方もあります。

「帰りの検索」

検索を行った後、このボタンを押すと、検索の際に設定した「出発駅」と「帰着駅」が入れ替わります。帰りの乗り継ぎを調べる際に便利です。

また、今検索した乗り継ぎはそのまま表示されてますので、「行き」の帰着駅の到着時刻を見ながら、帰りの時刻を設定できます。「日帰り」で旅行する際に便利です。

広島、松江、鳥取、高松、松山、高知、岡山から東京へ

姫路駅を中継して、西日本方面から東京への乗り継ぎ検索も可能です。

まず、「山陽線編」「山陰線編」「四国編」で出発駅から姫路(※)までの乗り継ぎを検索し、それをメモ帳にコピー&ペーストするかメモってください。次に「東海道線編」を開き、次のように設定し、検索してください。

※ 山陰本線の駅が出発地の場合は、まず京都までの乗り継ぎを検索する方法も考えられます。この場合は、下記で「姫路」を「京都」に読み替えてください。

  • 出発駅 ・・・ 姫路
  • 帰着駅 ・・・ 東京
  • 時間 ・・・ 「山陽線編」「山陰線編」「四国編」で検索した際の姫路駅の到着時刻(842着なら、最初に8時台で、接続が取れない場合は9時台に設定してみてください。)
  • どっちか? ・・・ (出発駅を)出発する
  • この検索で得られた結果と、「山陽線編」「山陰線編」「四国編」で得られた結果をつなぎ合わせれば、目的の乗り継ぎ方法となります。うまくいかないこともありますが、その場合は時間を設定しなおし、検索してください。(時間によっては、検索できないことがあります。)

    「山陽線編」または「山陰線編」で得られた結果をメモ帳にコピペした場合は、ここで得られた結果をその下へコピペすると、全体ののりつぎが完成します。プリントアウトされる方は、この段階で行ってください。

    逆に、東京駅までの乗り継ぎを最初に調べ、姫路駅の発車時刻を元に、出発駅からの乗り継ぎを調べることもできます。同様にして、東京から西日本各地への乗り継ぎも作成できます。

    ※ 同様に、姫路駅を中継して、山陽・山陰・四国方面と北陸・中央方面の乗り継ぎを作成することも可能です。

     開発ものがたり

    この企画は、開設したころ(1998年)からあったかもしれません。ジャバスクリプトやCGIに手を出しましたが、当時は乗り継ぎを検索する際の処理方法がまったくわかりませんし、DHTMLの本にテーブルの要素を並び替えるサンプルなどがありましたが、乗り継ぎ検索の場合、乗り換えが生じるときの処理方法の問題が解決しませんでした。それに、何よりも時刻のデータが膨大になりますので、データの取り方にも問題がありました。

    2003年に入って、当サイトでは、各ページに「ページコード」を設定し、各ページ左にあるメニューを表示させる際に、自分のページへはリンクを設定しないというスクリプトを作りました。その際に、各ページのデータを「:(コロン)」を区切り文字として

    (ページコード):(URL):(ページのタイトル)

    と表現し、配列を使ってページの数だけ変数を作ったわけです。それを「乗り継ぎ検索」に利用できないか、ということになり、完成したのが現在公開している「のりつぎ検索」です。どういう処理を行っているかは、非常に複雑ですので、ここでは触れません。

    ちなみに、現在は使用できませんが、大阪駅を6時41分に出発する東京までの乗り継ぎは、下のような形をしていて、スクリプトが乗換駅や列車種別を検知し、見やすい形に加工しています。

    3400,641,,,709,800,2314,802,,,,836,2212,855,925,,927,1013,,1014,1045,438,1052,,,,1203,,1207,,,,1327,524,1333,1356,t3650,1400,1414,856,1416,1434,,,1452,1509,1517

    なお、時刻などのデータの打ち込みには、初めてエクセルを使いました。従来の「のりつぎ表」と比べると、データの打ち込みに要する時間が短縮されましたし、その分、乗り継ぎ方法もたくさん紹介できるようになりました。また、データのサイズも、従来の「乗り継ぎ表」の半分程度になり、サーバーにもやさしいコンテンツになったと思います。(でも、ユーザーのパソコンには、ちょっと負担になるかも・・・)

    まだまだ課題はありますし、鉄道会社などが行っている乗り継ぎ案内と比べると、足元にもにも及びませんが、個人サイトとして、鉄道会社など大きな組織・企業では手の届かない部分で、面白いことをやってみたいと考えております。ご意見、お気付きの点などございましたら、メールのページよりお寄せください。

     利用制限について、お願い

    トップページ以外のページをリンク元なしで開いた方(「リンク元がありません」との表示が出た方)は、乗り継ぎ検索を利用できません。

     

    各「駅紹介」のページのアイコンについて

    コンテンツ見直しにより、駅紹介ページは順次公開終了になります。

    元のページに戻る場合は、右側にある「前のページに戻る」ボタンをご利用ください。

    駅舎:駅舎の画像。駅舎がない場合は、駅入口の画像。
    構内・ホーム:ホームの画像(反対側のホームや跨線橋から撮影)。
    駅名標:駅名標。
    駅前:駅前の様子。
    駅の中:駅の中(待合室、きっぷ売り場、改札口などのうちどれか。駅舎がない場合は、これらに相当する場所)。
    スタンプ:駅のスタンプ。「わたしの旅シリーズ」を中心に取り上げています。

    各駅紹介ページの右(左も一部あり)メニューの駅名をクリックすると、その駅の項目が中央部に表示されます。その駅に関する画像を表示させるボタンを押すと画像が表示されます。駅によっては、上記以外の画像を載せている場合もあります。(終端点など)

    上記アイコンをクリックすると、その駅の項目で該当する画像が表示されます。

     

    駅のレイアウトの見方

    元のページに戻る場合は、右側にある「前のページに戻る」ボタンをご利用ください。

    米原駅のレイアウトを例に説明します。下の図で説明のあるところにマウスポインタを合わせると、説明がポップアップ表示されます。マウスポインタが手の形になるかもしれませんが、リンクはありません。

    なお、米原駅は、橋上化などによりレイアウトが大きく変わっていますので、現在は下画像とは異なります。

    駅のレイアウトの詳細は、各鉄道会社のサイトをご覧ください。

     

    当サイトの構成ついて
    より楽しんで頂くために
    記載のデータ、免責事項
    著作権、発信場所
    リンクについて
    動作について
    クッキーについて
     
    「おいしい列車」「夜行列車」の記号の説明
    「のりつぎ検索」について
    駅紹介のページの記号
    駅のレイアウトの見方