Local Train Trip.(トップ)近くへ行こか〜 > 大阪の渡し船

サイトマップ

2013/05/09 更新
2008/02/22 開設

大阪の渡し舟

大阪市には、海に近い地域を中心に今でも8つの公営渡船が運航されていて、地元の皆様の生活の足として活躍しています。このページでは、大正区が関係する7つの渡船をご紹介します。大阪城や通天閣など観光地とは一味違った、普段着の大阪を楽しめる渡船にちょっと乗ってみませんか?

念のため:「渡し舟」と言っても、手漕ぎの船ではありません。

大正区が関係していない「天保山渡船場」は、「桜島駅から天保山へ」をご覧ください。

各渡船のアクセス

地図(Yahooマップ)にリンクを張っています。ドラッグで表示位置を変えたり拡大縮小ができるので、各渡船にアクセスする際にご利用ください。

アクセス方法は、「最寄のバス停」「そのバス停に駅からアクセスする方法」の順に記載しています。数字は大阪市営バスの系統番号です。「大正橋」とあれば、JR大正駅前、「住之江公園駅」とあれば地下鉄四つ橋線住之江公園駅を示します。

各バスの乗車時間は、長くて15分位です。バスの時刻については「大阪市交通局」のサイトをご覧ください。

「<次の○○渡船場へは>」には、その渡船を降りた地点(すぐ上に記載)から、次の渡船に乗る地点(すぐ下に記載)へのアクセス方法を述べています。

このページの見方

  1. 渡船場の読み
  2. 各渡船が結んでいる大まかな地点。「○」の方に乗員の詰所があります。船が接近してくる様子を撮影した後に乗船したいのであれば、詰所のない方から乗ってください。
  3. 日中(9〜16時台)の運転時刻。15分間隔なら詰所のある方を毎時「0,15,30,45」分に出航。20分間隔なら同じく「0,20,40」分に出航。朝夕は、もっと本数が多くなります。詰所のない方から乗る場合は、ある方の3分くらい後になります。

使用される船について

下のような船で、後(右寄り)が客室です。船体の色が水色だったりオレンジだったりしますが、客室に椅子はありません。(木津川渡船を除く)

みどり丸

甚兵衛渡船場の位置(Yahooマップから)

<港区福崎側>…「福崎1丁目」バス停から徒歩5分。

弁天町バスターミナル(JR弁天町駅に隣接)から51(天保山行き)に乗車。便少ない。

<大正区泉尾側>…「泉尾4丁目」バス停から徒歩5分。

大正橋から74・98(大正区役所前行き)、108(いずれも鶴町四丁目行き)に乗車。

<次の落合上渡船場へは>

「泉尾4丁目」バス停から74・98(大正区役所前行き)に乗り、終点下車。徒歩15分。自転車の場合は15分くらいです。

甚兵衛渡船場

 尻無川の渡船です。通路を通って堤防を越えると、対岸がすぐ近くに見えています。周辺には工場が立ち並びます。

  1. じんべえとせんじょう
  2. 港区福崎1丁目 → ○大正区泉尾7丁目
  3. 日中は15分間隔


甚兵衛渡船場
ここに説明が表示されます。

 

落合上渡船場の位置(Yahooマップから)

<西成区北津守側>…「北津守4丁目」バス停から徒歩10分

住之江公園から29「なんばターミナル」行きバスに乗車。又はJR芦原橋駅から29「住之江公園」行きに乗車。(便少ない)

南海汐見橋線「津守」駅から徒歩10分。ややこしいところなので、おすすめできません。

<大正区千島側>…「小林東一丁目」バス停から徒歩5分

大正橋から94(鶴町4丁目行き)に乗車。便少ない。

大正橋から94以外の「鶴町四丁目」又は「西船町」行きに乗り、「千島」で下車。徒歩15分。

<次の落合下渡船場へは>

西成区側出口の前の道を右手に10分ほど歩いてください。道幅の割りに大型車がたくさん通るので、結構恐いです。自転車なら2〜3分です。

落合上渡船場

 ここも木津川の渡船で、木津川の最も上流にあります。

  1. おちあいかみとせんじょう
  2. 西成区北津守4丁目 → ○大正区千島1丁目
  3. 日中は15分間隔


落合上渡船場

 

落合下渡船場の位置(Yahooマップから)

<大正区平尾側>…「小林公園前」バス停から徒歩2分。

大正橋から94(鶴町4丁目行き)に乗車。本数は少ないです。

<西成区津守側>…「津守神社前」バス停から徒歩10分

住之江公園から29「なんばターミナル」行きバスに乗車。又はJR芦原橋駅から29「住之江公園」行きに乗車。

<次の千本松渡船場へは>

直接歩くと15分程度、自転車なら5分程度です。

落合下渡船場

ここも木津川の渡船です。工場が多く、日中は利用者は少ないです。隣の「落合上渡船場」とは500〜600メートルくらいしか離れてなく、船が行き来しているのを直接見ることができます。

  1. おちあいしもとせんじょう
  2. ○大正区平尾1丁目 → 西成区津守2丁目
  3. 日中は15分間隔


落合下渡船場
ここに説明が表示されます。

 

千本松渡船場の位置(Yahooマップから)

<西成区南津守側>…「南津守2丁目」バス停から徒歩5分

住之江公園から76「ドーム前千代崎」(大正駅方面)に乗車。

<大正区南恩加島側>…「千本松橋西詰」バス停から徒歩2分。

住之江公園から76「ドーム前千代崎」(大正駅方面)に乗車。(「南津守2丁目」の次のバス停になります。)

大正橋から94(鶴町4丁目行き)に乗車。大正〜鶴町間のバスですが、本数が少ないです。

<次の木津川渡船場へは>

上記のバスで一旦、住之江公園駅へ行き、バスを乗り換える必要があります。(次項参照) 自転車があれば、25分くらいです。

千本松渡船場

木津川の渡船で、先述の木津川渡船より上流部を結びます。頭上には千本松大橋がありますが、この渡船を利用する人も多いです。

  1. せんぼんまつとせんじょう
  2. 西成区南津守2丁目 → ○大正区南恩加島2丁目
  3. 日中は15分間隔



千本松渡船場

 

木津川渡船場の位置(Yahooマップから)

<大正区船町側>…「中船町」バス停から徒歩4分。

大正橋(JR大正駅前)から70(西船町行き)に乗車。

<住之江区平林北側>…「木津川渡し通」「柴谷橋西詰」バス停から徒歩10分

地下鉄住之江公園駅から49(平林北1丁目経由「住之江公園」行き)に乗車、「木津川渡し通」又は「柴谷橋西詰」で下車。

地下鉄住之江公園駅から15(南港南六丁目・フェリーターミナル駅前行き)に乗車、「柴谷橋西詰」で下車。

最寄のバス停が2箇所ありますが、渡船のりばからの距離は同じくらいです。「木津川渡し通」の方はまっすぐ歩けばいいのでわかりやすいですが、便数は少ない(1日4本)です。

<次の船町渡船場へは>

「中船町」バス停から「西船町」行きに乗ってください。 徒歩なら10分程度、自転車なら3分くらいです。

木津川渡船場

木津川の渡船です。他の渡船は大阪市建設局の管轄ですが、ここだけは大阪市港湾局の管轄です。そのためか、船をはじめ関連の施設の雰囲気が他と異なります。船に関してだけいえば、ここだけは簡単ですが椅子があります。また、進むスピードも、どこかゆっくりとした感じです。

ここは本数が少ない(日中45分間隔)ので、注意しましょう。近くには、新木津川大橋があります。

  1. きづがわとせんじょう
  2. ○大正区船町1丁目 → 住之江区平林北1丁目
  3. 日中の出航時刻は、9:00, 9:45, 10:30, 11:15, 12:00, 12:45, 13:30, 14:15, 15:00, 15:45, 16:30 です。


木津川渡船場
ここに説明が表示されます。

 

船町渡船場の位置図(Yahooマップから)

<大正区鶴町側>…「鶴町1丁目」バス停から徒歩4分。

大正橋から「鶴町4丁目」行きバス(系統多数)に乗車。

<大正区船町側>…「西船町」バス停から徒歩5分

大正橋から70(西船町行き)に乗車、終点で下車。

<次の千歳渡船場へは>

「鶴町1丁目」バス停から鶴町4丁目行きのバスに乗ってください。直接歩くと20分程度です。自転車なら10分程度です。

船町渡船場

木津川運河の渡船です。船町側は工場ばかりだからか、日中は利用者が非常に少ないです。そのためか、以前は日中15分間隔でしたが、現在は20分間隔に減便されてしまいました。

  1. ふなまちとせんじょう
  2. ○大正区鶴町1丁目 → 大正区船町1丁目
  3. 日中は20分間隔(2008年4月より)


船町渡船場
ここに説明が表示されます。

 

千歳渡船場の位置図(Yahooマップから)

<大正区北恩加島側>…「新千歳」バス停から徒歩10分

大正橋から74・98(大正区役所前行き)、108(鶴町四丁目行き)に乗車。

<大正区鶴町側>…「鶴町4丁目」バス停から徒歩5分

大正橋から「鶴町4丁目」行きバス(系統多数・便多数)、終点で下車。

<甚兵衛渡船場へは>

自転車で10分程度です。

千歳渡船場

大正内港の入口の部分を結ぶ渡船です。北恩加島側から乗った場合、左側には大正内港が眺められ、さらに向こうには山(?)が見えます。右側は、港大橋などの橋を眺めることができます。はるか頭上に「千歳橋」が架かっていて、歩行者も通れるのですが、長くて急な階段を登ることになるため、通りたい人はほとんどいないでしょう。

  1. ちとせとせんじょう
  2. ○大正区北恩加島2丁目 → 大正区鶴町4丁目
  3. 日中は20分間隔


千歳渡船場
ここに説明が表示されます。

 余談

千歳渡船の航路は大正内港の入口にあたり、貨物船の往来が多いです。貨物船と衝突しそうになることもあります。


貨物船とぶつかりそうです

 千歳橋からの眺め

ついでなので、この渡船と並行する千歳橋に登ってみました。階段(とスロープ)しかないので登るのは大変です。


千歳橋からの眺め
ここに説明が表示されます。

イラスト入りの案内表示
2008年ごろからは、各渡船場の入口に、イラスト入りの案内表示が取り付けられています。基本的に大正区内のみのようですが、木津川渡船場は住之江区側にもあります。

渡船めぐり(1度に7つの渡船をめぐる)

 自転車の利用をおすすめします。

自転車を持ち込むことができるので、自転車があれば非常に便利です。各渡船のバスでのアクセスも載せていますが、最寄のバス停から歩いて10分以上かかることもあるし、バスの本数も1時間に1〜2本程度の所が多いので効率的とはいえません。

他地域からお越しで自転車がない方は、渡し舟からは少し遠く地図を見るのが好きな人向けですが、JR西九条駅の「駅リンくん」(レンタサイクル)が利用できます。1回300円でレンタルできます。

西九条駅から自転車で周る場合は、西九条駅→安治川トンネル(「大阪の景色」参照)→(弁天町駅)→甚兵衛→落合上→落合下→千本松→木津川→船町→千歳→甚兵衛→安治川トンネル→西九条駅の順で周るのが効率的だと思います。所要時間はおよそ3〜4時間ですが、地図を見るのが好きな人向けです。


駅リンくんの自転車

また、大正区役所のすぐそばにある「大正区コミュニティーセンター」(1階が図書館の建物で、2階で受け付けているようです。大正橋から鶴町4丁目行きのバスに乗り「大正区役所前」下車)でレンタサイクルをやっています。誰でも300円(貸出時に1000円必要で、返却時に700円返ってくる。)で自転車を借りることができます。


大正区レンタサイクル

なお、毎週月曜と年末年始は休業だそうです。詳しくは、大正区のホームページ(「大正区」で検索してね)をご覧ください。

 1つだけ渡船に乗ってみたい

とりあえず、1つだけ渡船に乗ってみたいという方は、「千歳渡船場」がおすすめです。大正内港を一望できるなど、景色を楽しめる唯一の渡船です。また、最寄となる「鶴町4丁目」へはバスの本数が多いため、鶴町側から往復するのが便利だと思います。

桟橋への門
桟橋入口の門は、船がいない(運航しない)時は閉まっています。

渡船の利用方法

書くほどのものもないですが、一応書いておきます。

 詰所のある方から乗る場合

  1. 1分くらい前になると、「まもなく出航します」という自動放送が流れる。
  2. と同時に、乗員が詰所から出て来て、桟橋の門を開ける。
  3. 開いた門から桟橋に出て、乗船する。足元には気をつけてください。

 詰所のない方から乗る場合

  1. 出航時刻になると、対岸の船が出航するのが見える。
  2. 船が着岸後、乗員が先に降りて来て桟橋の門を開ける。
  3. 乗ってきた利用者が降り終わったら、桟橋に出て船に乗ってください。足元には気をつけてください。

 その他

運賃は無料。自転車やベビーカーを持ち込んでもOKです。原付やバイクはダメです。

航行中は結構揺れます。出航直後、着岸直前には急旋回することもあるので、必ず手すりなどにつかまっていてください。

船内、待合所にトイレはありません。必要な場合は、乗員に声をかけて詰所のトイレを使わせてもらうことになります。

渡船紹介の見方、船について


大正区渡船マップ 甚兵衛渡船場 千歳渡船場 船町渡船場 木津川渡船場 千本松渡船場 落合下渡船場 落合上渡船場

1度に7つの渡船をめぐる&おすすめ渡船
利用方法(言うほどのこともないですが)