青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 青春18きっぷで関東・東北への旅 > 青春18きっぷプラン例:房総半島をぐるり1周

青春18きっぷで出かけよう サイトマップ

2013/4/17 更新

 

近郊区間大回りで房総1周

このエリアのJR路線は、すべて東京近郊区間に含まれています。よって、初乗り運賃(東京は130円)での「東京近郊区間大回りの旅」を楽しむこともできます。

一例を挙げると、「東京→曽我→館山→安房鴨川→大網→成東→千葉→新日本橋」です。

なお、同じ区間は2度通れませんので、銚子駅には行けません。

青春18きっぷプラン例:房総半島をぐるり1周

内房線、外房線、東金線、総武本線に乗り、房総半島を1周します。そして、犬吠埼にも行ってみます。

大体のプラン例


房総半島1周の行程

 1日目

発駅から東京方面へ向かい、千葉あたりで宿泊します。ネットカフェでもOKですし、「ムーンライトながら」などが利用できるなら、それを利用してもOKです。


千葉駅

 2日目

次の日に上記の経路で移動しますが、途中下車して気軽に行ける有名な観光地はないので、内房線や外房線はのんびりと車窓を楽しむことになります。全線、1時間に1本以上普通列車が運転されているので、ここでは乗り換えは特に載せません。

逆方向も可能です。


鵜原付近

※ 普通列車用の車両、路線ごとの情報は「青春18きっぷで乗れる路線図」をご覧下さい。

そして、東金線からレトロな感じの駅舎を持つ成東駅で総武本線に乗り換え、銚子を目指します。


成東駅

銚子からは、銚子電鉄で犬吠駅を目指し(後述)、さらに歩いて犬吠埼(灯台)を訪ね、銚子駅から千葉方面に戻ります。

千葉駅から銚子で犬吠埼を訪ね、東京駅までの所要時間は14〜15時間だと思います。

 2日目の宿泊、3日目

1日目の逆です。千葉あたりで宿泊し3日目は帰路となります。

 

特急車両を楽しみましょう

末端区間が普通列車として運転される列車があり、普通列車区間は青春18きっぷでも利用可能です。車両は主に255系、E257系の2種類です。


特急「わかしお」 行先表示

時刻表を見ればすぐにわかるので、ご希望の方はうまく乗り継いでください。

間合い運転で下記車両で普通列車として運転される列車もあります。(「おいしい列車」参照)

 255系

かつて、この車両で運転される列車は「ビュー○○」といった愛称が付けられていましたが、現在は特別な扱いは受けていないようです。9両編成でグリーン車が連結されています。時刻表では、グリーン車を連結している列車がこの編成で運転されるようです。


255系

 E257系

現在の主力車両です。すべて普通車で5両編成、2本つなげて10両で運転される列車もあります。


E257系

 

犬吠埼と銚子電鉄

銚子駅では、さらに銚子電鉄に乗り換えます。銚子電鉄のホームは、JRのホームの先にあります。JRと銚子電鉄の線路はつながっており、かつては直通運転もあったようです。


銚子電鉄銚子駅と銚子電鉄の車両
ここに説明が表示されます。

この昭和な感じの電車で17分ほどで犬吠(いぬぼう)駅に着きます。犬吠埼へは、歩いて10分くらいです。犬吠駅の画像は、「いつもの駅からすべての駅へ」でご覧ください。犬吠埼灯台の展望デッキからは、太平洋の眺めを楽しめます。


犬吠埼灯台と灯台からの眺め

メニュー

だいたいの行程
房総の特急車両を楽しむ
犬吠埼と銚子電鉄
近郊区間大回りで房総1周(左側)

千葉・房総でのお泊りはこちら(楽天トラベルより)

参考ページ

ムーンライトながら
青春18きっぷ夜明かし術
大阪近郊区間大回りの旅