青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 山陽本線の旅 > 山陽本線(三原〜広島〜岩国)と周辺路線の旅

山陽本線(三原〜広島〜岩国)と周辺路線の旅

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。

米子・松江・出雲方面
路線図・山陽本線(三原〜広島〜岩国)と周辺路線 三江線の旅
下関・九州方面(松山方面)岡山・大阪方面

本ページの範囲

山陽本線(三原〜広島〜岩国)

山陽本線の広島エリアになります。広島周辺では地元客で結構混雑します。

土休日には、広島〜岩国間に快速が運転されていますが、広島側の接続が最悪ですし、追い抜きもないため所要時間では普通列車と大して変わりません。

糸崎〜広島 73.8km (1時間20分)
広島〜岩国 41.4km (55分 快速の場合は45分)

車両は2015年から走り始めている227系が主力になっています。糸崎以東や岩国以西に直通する列車には従来どおり115系が使われています。



広島の227系

車窓

三原を出ると、しばらくは新幹線に沿って高架を走ります。やがて高架が終わると、「船木峡」とかいう渓谷(?)にそって、上り坂になります。西条(さいじょう)あたりが峠で、ここからは下り坂となり、「セノハチ」と呼ばれた急坂を駆け下りていきますが、すれ違う上りの貨物列車は単独では上れず、最後尾に補助の朱色の機関車を連結しています。そんな難所ですが、線路の近くは新しい住宅がだんだん多くなります。左から呉線が見えると、海田市(かいたいち)駅があり、広島(ひろしま)の中心部に入っていきます。

広島を出ると、ほどなく川を何度か渡ります。太田川とその支流ですが、「広島に来た」と実感する瞬間です。西広島(にしひろしま)からは広島電鉄が併走し、廿日市(はつかいち)を過ぎると、左側に海も登場。対岸には宮島が見え、このような車窓が大竹(おおたけ)付近まで続きます。左手に工場群が見え出すと、もうすぐ岩国(いわくに)です。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

三原駅

このあたりからは、広島へ行く乗客が結構乗ってきます。広島へ通勤通学お疲れ様です。


三原駅

三原駅の立ち食いうどん

麺にはコシがあり、かけうどんを注文すると天かすが大量に入っているのが特徴でしょうか? そのためか、かけうどんでも350円(今は値上げされているかもしれません。以下も同じ)とちょっと値が張ります。

なお、店の写真に「うどんそば350円より」と書かれたポスターが貼られていますが、ここに写っているのは「肉玉うどん」で500円です。


三原駅の立ち食い

白市駅


白市駅

 この駅始発の広島方面の列車が多く設定されています。広島空港の最寄り駅ということで、それを示す表示もあります。

西高屋駅


西高屋駅

近くに学校があるため、その学校に通う生徒たちが多いようです。

西条駅


西条駅

周辺には造り酒屋がいくつかあるため、「酒都」として売り出しているそうです。が、現在は広島大学があり、広島へのベッドタウンになっているため、ちょっと肩身が狭そうです。

西条の造り酒屋


ハクボタン

「ハクボタン」という造り酒屋が駅近くにあります。独特の雰囲気のある建物になっています。煙突は山陽本線の列車からも眺められると思います。

瀬野駅


瀬野駅

山の上の住宅地とを結ぶスカイレールサービスとの乗換駅です。

スカイレールサービス

山陽本線の瀬野駅(広島市)に隣接する「みどり口」駅からは、山腹の住宅地へのモノレールともリフトともいえる乗り物が発着します。「スカイレールサービス」という会社が運営しています。


スカイレールサービスの車両

この乗り物は、瀬野駅周辺の他、上へ上へ続く線路を見ながら進んでいきます。


スカイレールサービスの車窓から
ここに説明が表示されます。

片道160円(青春18では乗れません)で、みどり口(瀬野駅に隣接)とみどり中央駅を日中は毎時0・15・30・45分に発車しています。所要時間は5分ほどです。ローレル賞も受賞しています。


スカイレール

海田市駅


海田市駅

三原駅で別れた呉線が合流する駅です。当駅から広島駅辺りまでは複々線になります。

広島駅


広島駅

広島の玄関口ですが、中心部とは離れていて、路面電車などでアクセスすることになります。

広島駅の駅うどん

各ホームにあり、特に可もなく不可もなくという感じです。



広島駅の立ち食い

お好み焼き(広島)

焼きそばの麺が入っているのが特徴で、ソースは広島発祥の「オタフクソース」です。大阪風での小麦粉の代わりに焼そば麺を使っているという感じで、ボリューム感は今ひとつですが、その分ヘルシーかもしれません。

広島駅の新幹線口1階名店街の中にもお好み焼き屋があるので、乗換時間があったり、時間調整が必要な場合に立ち寄れるでしょう。


広島風お好み焼き
ここに説明が表示されます。

広島の路面電車と原爆ドーム

広島駅と、広島市の中心部に当たる紙屋町や平和公園(原爆ドーム)、そして西広島、普通の鉄道線に乗り入れ宮島方面へ走ります。最新式の連接車両など、いろんなタイプの車両が広島の町を走っています。


広島の路面電車

音戸温泉

広島市の中心部にあり、「広島の名湯」としてファンも多いようです。とはいっても地元の銭湯なので、脱衣所も浴場も広くありません。路面電車の銀山町(かなやまちょう)で降りて10分くらいの所にあるのですが、風俗街を歩くので抵抗のある人もいるかもしれません。音戸温泉の建物(音戸温泉自体は2階にあり)の地下にも風俗店があります。

ナトリウム塩化物泉。石鹸の備え付けはありませんが、ドライヤーは備え付けてあり自由に使えるようです。ロッカーは脱衣所にあるものを使うしかないようです。広島駅から路面電車(5系統以外)に乗り、所要時間は10分ほどの銀山町(または胡町)で下車、徒歩10分。


音戸温泉

横川駅


横川駅

駅前には日本最初の乗り合いバスという車両が展示されています。

宮内串戸駅


宮内串戸駅

宮島口駅


宮島口駅

 駅前の道をまっすぐ歩くと、宮島への連絡線乗り場があります。でも今は、途中の道を地下道でくぐるようになり、結構疲れます。

大野浦駅


大野浦駅

宮浜温泉の最寄り駅です。宮島を眺めながら温泉(後述)を楽しめるのですが、この駅を利用して宮浜温泉へ行く人がどれくらいいるのか・・・。

べにまんさくの湯

宮島を眺めることのできる高台にあります。「湯船に浸かると宮島が見える」のがおすすめのようですが、実際に見えるのは山のてっぺんの部分だけだったりします。

単純弱放射能温泉。石鹸・ドライヤーあり。ロッカーは入場時に指定されたものを使うことになりますが、ロッカーの大小があり、大きな荷物を持った人には大きなロッカーが割り当てられるようです。アクセス方法は以下に詳述。


べにまんさくの湯

 べにまんさくの湯へのアクセスについて

山陽本線大野浦駅・玖波(くば)駅より「おおのハートバス」に乗り「べにまんさくの湯」下車、すぐ前です。所要時間は10分程度です。運賃は100円ですが、本数が1時間30分ほどに1本程度と少ないです。玖波発はもっと少ないです。時刻は、「おおのハートバス」で検索してください。


おおのハートバス

大野浦駅から歩いて行けなくはないですが、起伏があるのでちょっと大変かと思います。

「べにまんさくの湯」の位置図(ヤフー地図より)

玖波駅


玖波駅

 

岩国駅


岩国駅

駅前からは、錦帯橋へのバスが発車しています。便数も多く大変便利ですが、青春18きっぷ利用者で時間のある方は、隣の西岩国駅からバスに乗ると、バス代を安く抑えることができます。(詳細は「青春18で錦帯橋へ」を参照。)

呉線(三原〜呉〜広島)

三原と広島を海沿いに走ります。所々、海の眺めを楽しめます。日中は途中の広駅を境に、三原側は105系、広島側は227系が使われています。また広島側は「安芸路ライナー」という快速列車も運転されています。週末を中心に「瀬戸内マリンビュー」(「おいしい列車」参照)も運転されています。

三原〜呉 67km (1時間50分)
呉〜広島 26.4km (45分 快速の場合は35分)


安芸路ライナーと105

車窓

多くの区間で瀬戸内海を眺めることができます。三原〜広間では速度を落とす区間もあるのでおすすめですが、この区間は105系(ロングシート車)が多いんです。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

忠海駅


忠海駅

結構な駅舎を持ちますが、駅としての機能は左端だけで、大部分は竹原市の施設になっていて、開いている時間帯は待合室としても使えます。近くの港から10分ほどにある大久野島は、うさぎがたくさん棲んでいることで有名です。

大久野島

竹原市の沖に浮かぶ小島です。たくさんのウサギが住むことで有名です。島内は国民休暇村(以下は「休暇村」と記述)になっています。ウサギは島内全体で見ることができますが、宿泊施設の入口付近が最も多いです。


大久野島の景色

戦前には毒ガスを作る工場があり、地図からは島自体が消されている時代もありました。その関係の施設が残っている他、資料館もあります。



毒ガス関連の施設
ここに説明が表示されます。

<アクセス>

忠海駅から徒歩5分の忠海港から客船・フェリーで渡ることができます。客船は休暇村自体が運営し、フェリーは大三島フェリー(忠海と大三島の盛港を結ぶ便が寄港・寄港しない便あり)が運営しています。運賃は310円(船・フェリーとも同額で乗船券は共通使用可)で所要時間は13分ほど、客船とフェリー合わせて毎時1〜2本運転されています。


大久野島にアクセスする船

大久野島の桟橋(ほとんどが第2桟橋を使用)から休暇村の宿泊施設がある島の中心部へは連絡バス(無料・所要時間は5分くらい)が客船やフェリーに接続して運転されていますが、直接歩いても15分くらいです。途中に毒ガス資料館などの施設があります。


大久野島にアクセスする船

広駅


広駅

呉線の要衝の駅です。結構広い構内を持ち、運用されない車両が留置されています。駅周辺は呉のベッドタウンという印象です。

呉駅

呉線の中心駅です。呉線は全線単線ですが、駅舎(駅ビル)はその割には大きな建物になっています。


呉駅

大和ミュージアム

呉市にある戦艦大和を中心とした戦争当時の艦船などが展示されています。(多くは模型)


大和ミュージアム

<アクセス(「てつのくじら館」も同じ)>

呉線呉駅から連絡通路を通って5分ほど。案内表示がたくさんありますので、迷うことはないでしょう。ゆめタウンの裏手にあります。

てつのくじら館(海上自衛隊呉資料館)

「大和ミュージアム」のそばにあります。潜水艦「あきしお」の巨体が入口になっています。海上での掃海(機雷除去)活動や潜水艦での活動が紹介されています。個人的には「大和ミュージアム」よりおすすめです。


てつのくじら館

芸備線(備後落合〜三次〜広島)

当ページでは備後落合〜広島間を扱います。広島に近付くほど本数が増えます。キハ120・40・47が使われ、広島駅を発着する列車は2両以上で運転しますが、そうでない列車は1両が多いです。キハ40・47は広島〜三次間の運用です。

備後落合〜三次 45.7km (1時間25分)
三次〜広島 66.8km (1時間45分 快速の場合は1時間30分)


芸備線の車両

車窓

備後落合を出ると下り坂になります。備後庄原あたりからは平地となり、三次まで走ります。

三次を出ると再び山の中です。峠を越えると、併走する川は瀬戸内海へと注ぐ川(太田川の支流)となり、市街地になってくると広島です。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

備後庄原駅


備後庄原駅

広島県北部のかなりの部分を占める庄原市の中心駅ですが、ひっそりとしています。

塩町駅


塩町駅

福塩線が合流します。今は閉まっていると思われると出札窓口の向こうには卓球台が置かれていて、かつての駅員さんらが体力作りに使っていたんでしょう。

神杉駅


神杉駅

八次駅


八次駅

三次駅


三次駅

いつの間にか駅舎が建て替えられ、随分と小さくなりました。路線が4方向に広がる拠点駅で、今も構内には車両が止められていて出番を待っています。駅から両方向に4〜5分歩くとショッピングセンターがあります。

三次唐麺焼

三次市のご当地グルメです。特製のソースを使い、唐辛子が練り込まれた焼そば麺を使った広島風お好み焼きです。辛いです。下画像はAコープ三次で買ったものです。


三次唐麺焼

西三次駅


西三次駅

芸備線が広島側から三次に達した時の「三次駅」でした。周辺は静かな住宅地ですが、駅舎の反対側の倉庫群が、かつて貨物列車の発着があったことを物語っています。

吉田口駅


吉田口駅

停車時間中に撮影しました。

向原駅


向原駅

この周辺では大きな駅です。駅から北へ12分ほど歩いたところにある小さな峠は、「泣き別れ」と呼ばれる分水嶺になっているそうです。

泣き別れ

向原駅の徒歩圏にある「峠」(分水嶺)です。この場所の北側に降った雨は日本海へ、南側に降った雨は瀬戸内海へ流れて行き、雨水は永遠に出会わないことから「泣き別れ」という名が付いているそうです。特に川があるわけではありません。線路沿いにも「泣き別れ」の表示があるのですが、そこへは田んぼの畦道を通ることになり、「こんな所歩いて大丈夫?」と感じました。


泣き別れ

狩留家駅


狩留家駅

山の中にひっそりたたずむ駅ですが、広島からこの駅までの列車が多くあります。

下深川駅


下深川駅

広島方面からの一部の列車が折り返します。

上深川駅


上深川駅

交換設備のない小さな駅ですが、駅前に桜が植えられているのを見て降りてみました。

玖村駅


玖村駅

太田川がすぐそばを流れていますが、堤防があって見えません。太田川の向こうには可部線が走っていて、梅林駅などへ歩いて行くこともできます。

宮島航路(宮島口〜宮島)

宮島へのアクセス航路です。国鉄時代は他にも連絡船がありましたが、トンネルや橋に取って代わられ、観光航路である当航路のみがJRのままで残っています。

宮島口駅から、まっすぐに道があって、前方に宮島への連絡線乗り場が見えています。その道を進みますが、今は国道との交差点を地下道で抜けるようになっています。エレベーターがありますが、遠く感じます。駅から連絡線乗り場まで徒歩6分。

みせん丸、ななうら丸、みやじま丸の3隻で運行されていますが、前方の景色が見えるみせん丸がオススメです。宮島行きの場合は、日中、厳島神社の大鳥居沖を経由します。

連絡船と宮島の様子

改札は宮島側のみで、宮島口側乗り場は無人です。(券売機はあり)

厳島神社

平清盛により造られ、世界遺産にも登録されています。海上の鳥居が特徴です。


厳島神社

福塩線(府中〜三次)

当ページでは非電化の府中〜三次間を扱います。キハ120が1両で使われますが、近年は本数が減らされ続けています。

府中〜三次 61.5km (1時間50分)


福塩線の車両

車窓

のんびりとした眺めが続きます。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

上下駅


上下駅

福塩線の最高所にある駅で、ホームにもその表示があります。

備後安田駅


備後安田駅

可部線(広島〜可部)

広島駅と広島市北部の可部駅を結びます。かつては、その先の三段峡駅まで線路が延びていましたが、21世紀になってから廃止されています。(詳しくは「なつかしの列車」にて。)

227系が中心です。2両編成が多いので、結構混雑します。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

梅林駅


梅林駅

住宅地にある駅です。太田川の対岸には芸備線が走っていて、歩いてアクセスすることが可能です。(徒歩30分)

梅林駅から玖村駅へ

途中で高瀬堰を通ります。この方法が可部線と芸備線を徒歩連絡する場合の最短経路ではないかもしれません。実際に歩かれる際は地図やナビで道順をご確認ください。


梅林駅から玖村駅へ徒歩

可部駅


可部駅

少し前までは終着駅でした。ホームごとに改札口があり、あき亀山方面ホームの改札口は無人(遠隔管理)です。

河戸帆待川駅


河戸帆待川駅

駅前にありながら、でっかい駐車場のために遠く感じるホームセンターと業務スーパーが特徴です。

あき亀山駅


あき亀山駅

駅周辺には数件の民家があるだけで、ひっそりとした雰囲気です。留置線があって、構内は少し広くなっています。

2017/8/11 更新