青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 山陰本線の旅 > 山陰本線(浜坂〜鳥取〜米子)の旅

山陰本線(浜坂〜鳥取〜米子)・因美線の旅

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。

出雲市・益田方面 城崎・京都方面
路線図・山陰本線(浜坂〜鳥取〜米子)と周辺路線 水木しげるロード
福山・岡山・姫路方面

本ページの範囲

山陰本線(浜坂〜鳥取〜米子)

浜坂〜鳥取 32.4km (45分)、1〜2時間に1本程度。キハ47の2両かキハ121の1両で運転されます。後者の場合はかなり混雑します。

鳥取〜米子 92.7km (快速の場合は1時間40分) 、1〜2時間に1本程度。快速「とっとりライナー」(キハ126かキハ121の2両)が中心で、普通列車(キハ126・121・47・40)の場合は倉吉駅で乗り換えになるケースもあり、米子〜倉吉間の列車は1両で運転されることもあります。


浜坂〜米子の車両

車窓

浜坂から鳥取県に入って最初の駅である東浜(ひがしはま)駅付近では、長い海岸線を眺めることもできます。岩美(いわみ)あたりで海に別れを告げ、福部(ふくべ)駅を過ぎるとスイッチバック式の信号場(現在は使われていない)がありますが、このあたりからは右前方の山の間に鳥取の街が見えてきます。ここを目指して列車は走り、高架線になると鳥取(とっとり)市の市街地を見下ろしながら鳥取駅まで走ります。

鳥取を出てしばらくは、高架線から市街地を見下ろしますが、進行方向右側にはもう一本線路があり、複線のような印象です。この線路と並んで千代(せんだい)川を渡ると、もう一本の線路が2本3本と広がり、やがて車庫になり、それに続いて貨物駅があります。それらが終わった直後に最初の駅である湖山(こやま)に到着です。湖山を出ると、左側には湖山池が広がります。その後は住宅地もありますが、田んぼや山が中心の車窓に変わってきます。青谷(あおや)あたりで再び日本海が見え、次の泊(とまり)付近はすぐ近くに海が見えます。泊を過ぎたあたりからは、やや内陸にある倉吉(くらよし)へ向かって海から離れます。海のような眺めもありますが、これは東郷湖という湖で、その湖沿いに「燕趙園」(えんちょうえん)という中国風の大きな施設が見えます。やがて市街地になってくると倉吉に到着します。

倉吉を過ぎ、浦安(うらやす)あたりから海岸線が見えるようになりますが、線路と海岸の間は少し離れていて、畑や民家の向こうに海が広がる、という感じです。このあたりからは、風力発電用の大きな風車が目立つようになります。大山口(だいせんぐち)あたりになると、遠くに島根半島が見えるようになります。(下画像) 夜になると、先端部の美保関灯台の光を見ることができます。(撮影不能なので載せていません) 次の淀江(よどえ)あたりから左手に大山が見えてきます。大山の景色がいちばん素晴らしいのは、次の伯耆大山(ほうきだいせん)に到着する直前です。とはいえ、よほど天気が良くないと頂上まで見えません。(その分、見えたときには感動します。) 伯耆大山駅では、伯備線も合流します。伯耆大山を出ると、7分くらいで米子(よなご)に到着です。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

諸寄駅


諸寄駅

浜坂駅の次の駅です。ホームからは、集落の向こうに日本海が見渡せます。

居組駅


居組駅

 大阪・京都から来た場合、この駅が近畿地方最後の駅となります。古い駅舎が残り、上下線のホームがずらして配置されていて、いかにも昔ながらの駅です。とはいっても、運転本数削減のためか、駅舎寄りのホームしか使ってなく、反対のホームとを結ぶ跨線橋は立ち入り禁止になっています。駅周辺は人気がありませんが、駅前の道を下っていくと居組の集落があり、ここに住む皆様がこの駅のお客様です。

東浜駅


東浜

日本海に近い駅で、「トワイライトエクスプレス瑞風」も景色を眺めるために停車するようで、それに併せて駅舎も建て替えられています。

岩美駅


岩美駅

浦富海岸への駅です。鳥取砂丘へもバスで行くことができます。地元の高校生が主な利用者です。

福部駅


福部駅

鳥取駅


鳥取駅

 鳥取砂丘へは、バスで30分くらいです。

鳥取駅の駅そば

「砂丘そば」という店名です。関西風のだしで、一番安い「砂丘そば」を注文すると、ちくわ(煮込んでいると思われる)が乗ったそばが出てきます。

1・2番ホーム上と改札外にあり。

鳥取駅・砂丘そば

 

鳥取砂丘

 鳥取市の郊外に広がる日本一の砂丘です。一見の価値はありますが、砂丘を歩くと靴の中が砂だらけになります。

 鳥取駅からバスで25分ほど。


鳥取砂丘

動物公園(真教寺公園)

 鳥取市の中心部にある公園で、ちょっとした動物(サル、ウサギ、アライグマなど)が飼育されています。動物たちは、頑丈で目の細かい鉄格子の中で飼育されていますが、週に2日程度、直接触れる機会があるようです。

 鳥取駅から徒歩15分ほど。入場無料。列車の待ち時間の間にでもいかがでしょう?


動物公園

鳥取温泉(日乃丸温泉)

鳥取の市街地にあり、このあたりには「末広温泉町」「吉方温泉町」「永楽温泉町」といった「温泉」が含まれる地名があります。雰囲気ある建物が魅力で、番台があり銭湯そのものです。入口には効能を示す表示があるのですが、ヒステリーにも効くそうです。日乃丸温泉と300メートルほど離れたところ(駅からは遠くなりますが)に元湯温泉があります。日乃丸温泉が休みの場合は、こちらを利用するといいでしょう。

含食塩芒硝泉。鳥取駅から徒歩5分ほど。


鳥取温泉

 

湖山駅


湖山

以前は鳥取大学の最寄り駅でしたが、隣に新しい駅ができた後は利用者は伸び悩んでいます。

宝木駅


宝木

浜村駅


浜村駅

浜村温泉の下車駅で、徒歩10分くらいの所に日帰り入浴施設もあります。(次項参照)

浜村温泉館 喜多の湯

鳥取から米子方面へ20分ほどの浜村駅から徒歩10分くらいの駅前の集落の外れにあります。ここの目玉で「パノラマ展望風呂」「檜展望内湯」(「パノラマ」は日本海が見えるということですが、海のそばにあるというわけではないので眺めはしょぼいです。この2つの風呂は、半月ごとに男湯女湯が入れ替わります)へは、78段の階段を登らなければならず(エスカレーターなどはない)、いきなり運動させられる温泉で、列車との乗り換え時間を余分に取っておいた方がいいかもしれません。大型のロッカーがあり、石鹸のみ置かれています。

カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。駅正面の道を歩き、観光案内所がある角を右に曲がり、あとはまっすぐ歩いてください。途中には「新泉の湯」という温泉もありますが、会員制で一般の人は利用できないようです。


浜村温泉館

 

泊駅


泊駅

鳥取〜倉吉間では、おそらく最も海に近い駅です。

松崎駅


松崎駅

東郷湖の近くにある駅です。駅舎もスタンプも、列車交換の際の停車時間に撮ったり押したりしました。

倉吉駅


倉吉駅

鳥取県中部の倉吉市の玄関口ですが、市中心部とは少し離れています。

鳥取牛骨ラーメン

鳥取県中部で多く見かけるという牛骨から出汁をとったラーメンです。倉吉市周辺にたくさんあり、下画像のラーメンは倉吉駅正面の道を5〜6分歩いた所にある「幸雅」さまでいただきました。

油っこくない素朴な感じで、牛骨から取ったという鶏がらでも豚骨でもないまろやかなスープが縮れ麺とよく絡みます。その他の具は、太目のもやしと普通の大きさのチャーシューでした。


鳥取牛骨ラーメン
ここに説明が表示されます。

白壁土蔵群と倉吉線鉄道記念館

倉吉線鉄道記念館は、かつてあった倉吉線関連の資料を展示、白壁土蔵は玉川という小さな川沿いに立つ土蔵や古い町並みです。

倉吉駅からバスで12分くらいの「赤瓦・白壁土蔵」で下車、倉吉線記念館は北側へ、白壁土蔵群は南側へ徒歩3分。


倉吉土蔵白壁

由良駅


由良駅

「名探偵コナン」の作者の出身地ということで、駅から続く道は「コナン通り」として整備されています。(詳しくは次項で)

コナン通り

山陰本線由良駅から続く通りです。由良駅のある鳥取県北栄町は、「名探偵コナン」原作者の出身地であることにちなんだものです。コナン通り沿いにはコナンの像をたくさん見ることができます。

由良駅から続きます。列車の乗り継ぎの都合上、どこかで時間ができる時にでもいかがでしょう? なお、山陰本線を走る快速「とっとりライナー」の全列車が由良駅に停まるわけではないので、ご注意を。


コナンの像

 

浦安駅


浦安駅

 

赤碕駅


赤碕駅

 

下市駅


下市

待避線があり、普通列車に乗っていると長時間停まることが多いです。

御来屋駅


御来屋駅

山陰地方で初めて鉄道が開業した時の終着駅で、その当時からの駅舎が今も使われています。

大山口駅


大山口

大山への入口駅の一つです。海側を眺めると、海の向こうに美保関半島を眺めることができます。(車窓画像も参照)夜になると、その先端にある灯台の明かりも見えます。

伯耆大山駅


伯耆大山駅

岡山からの伯備線が合流する駅で、貨物列車も発着するので広い構内を持ちます。近くに高校があることから、学生の利用も多いです。ホームの大阪寄りに立てば、大山の雄姿を眺めることができます。(が、めったに見れない)

米子駅


米子駅

 山陰の中心駅で、駅舎もどっしりとした建物です。

米子駅の駅そば

駅弁の会社が運営しています。関東風のだしで、「かけそば」を注文すると海苔を載せた蕎麦が出てきます。個人的にはどこか懐かしい味だと思いますが、この「かけそば」は360円します。(2013年4月現在)私の知る限り、「かけそば」というメニューの駅そばでは日本一高いです。

基本は改札外ですが、1番ホームからも利用可能のようです。


米子駅の駅そば

因美線(鳥取〜智頭〜津山)

鳥取から津山まで乗り通す場合は、必ず智頭駅で乗り換えになります。かつては全線で急行列車が運転されていましたが、智頭急行開業により、それらはすべて智頭急行を経由するようになり、智頭〜津山間は1両の普通列車が行き交う閑散路線となっています。

鳥取〜智頭 31.9km(45分) 、1〜2時間に1本程度。キハ47・智頭急行の車両で運転。

智頭〜津山 41.5km(1時間10分)、僅少。キハ120(岡山所属)で運転。


キハ120

また、春と秋の1〜2日には「みまさかスローライフ」号が運転されています。(津山〜智頭間の運転で各駅に停車。一部指定席) 青春18きっぷの利用期間には運転されませんが、この車両が津山線などの定期列車に使われることがあります。


みまさかスローライフ

車窓

のんびりとした景色が続きます。

 主な駅紹介

津ノ井駅


津ノ井

駅周辺は静かな住宅地ですが、山の上はニュータウンになっています。

郡家駅


郡家

かなり大きな駅舎を持つ駅です。駅の中にはロフトがあり、発車する列車などを眺めることができます。

智頭駅


智頭駅

上郡からの智頭急行の終着駅であり、因美線のほぼ中間にある駅です。JRと智頭急行の駅舎が並んでいて、JRの方は古き良き時代の鉄道駅という印象ですが、智頭急行の駅舎は対照的に鉄骨作りの立派な建物になっています。

私が行った時は偶然かもしれませんが、智頭急行の社員数人が駅入口の階段に立っていて、乗客一人一人に「ありがとうございました」と声を掛けていました。

那岐駅


那岐駅

鳥取から出発すると、最後の鳥取県内の駅になります。当駅以下の因美線の駅は、「みまさかスローライフ」に乗った時に撮影したこともあって、たくさんの乗客が写っています。ご了承ください。

美作河井駅


美作河井駅

駅のすぐ近くには、転車台があります。(次項)

美作河井の転車台

駅のすぐ近くにあり、列車からも見えます。冬の間、鳥取方面からやって来たラッセル車がここで方向を変えたということです。


美作河井の転車台

美作加茂駅


美作加茂駅

智頭〜津山間では最も大きな駅になります。

美作滝尾駅


美作滝尾駅

昔、「男はつらいよ」という映画のロケで使われたそうです。

智頭急行線(智頭〜佐用)

智頭〜佐用〜上郡(山陽本線に接続)間を結ぶ第3セクター路線で、特急列車が運転されるなど京阪神と鳥取を結ぶ短絡路線として機能しています。青春18切符では乗れませんが、主に青春18切符利用期間中に全線1日乗り放題切符が発売されています。山陰本線(城崎温泉周り)よりも所要時間が大幅に短縮されるので、特急代わりに利用するのも一案です。

智頭〜佐用〜上郡 56.1km 、2〜3時間に1本程度の運転。智頭〜上郡間1300円、智頭〜佐用間930円。1日乗車券は1200円で、上郡・智頭駅の智頭急行のきっぷ売り場、佐用駅のJRの窓口で発売。郵送でも入手可能。


智頭急行の車両

車窓

のんびりとした景色が続きます。ほぼ全線が高架なので、少し高いところから景色を眺めることができます。

 主な駅紹介

大原駅


大原駅

立派な駅舎を持つ、智頭急行線の主要駅です。車庫もあって、普通列車用の車両はここで点検・検査を受けるようです。

 

伯備線(備中神代〜伯耆大山)

倉敷(岡山)〜伯耆大山間(米子)の路線ですが、本ページでは北半分の備中神代〜伯耆大山を扱います。

備中神代〜伯耆大山 67.6km(1時間45分) 僅少。

この区間は115系のほか、キハ120も使われています。列車番号の末尾がDなので、時刻表を見ればすぐにわかるでしょう。


伯備線で見かけるローカル車両

車窓

備中神代駅を出ると、なおも山深い景色が続きます。次の足立駅近くには、石灰石の採掘場があります。次の新郷(にいざと)駅までが岡山県で、次の上石見(かみいわみ)駅からは鳥取県に入ります。横を流れる川は日本海へ注ぐ日野川に変わり、生山駅の近くでは河原には白い岩が目に付き「石霞渓」という名所にもなっています。

生山(しょうやま)駅を過ぎると、米子へ向かう人たちで車内は賑やかになってきます。根雨(ねう)駅を過ぎると、徐々に視界も開けてきて、日野川の流れも緩やかになってきます。そして、天気が良ければ、進行方向右側に大山が登場します。右側に山陰本線が見えてくると、伯備線の終点である伯耆大山(ほうきだいせん)駅に到着です。列車はこのまま山陰本線に入り、米子、出雲市まで走ります。

 主な駅紹介

上石見駅


上石見駅

岡山方面から来た場合、鳥取県の最初の駅です。普通列車は、この駅で長時間停車することが多いです。

生山駅


生山駅

米子方面へ向かう時は、この駅でたくさんの人が乗ってきます。駅周辺には石霞渓という景勝地があり、車窓から眺めることもできます。

黒坂駅


黒坂駅

 米子から伯備線に乗ると、「随分田舎になったな〜」と感じる駅だと思います。

根雨駅


根雨駅

 

江尾駅


江尾駅

 大げさな感じの駅舎です。「えび」という読みが面白いです。

境線(米子〜境港)

山陰地方で初めて開業した鉄道で、かつては境港で水揚げされた海産物を運ぶ役割もあったようですが、最近は地元住民の通勤通学路線に変わっています。「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるさんが境港出身ということで、「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラを車両全体にペイントした「鬼太郎列車」が走っています。

米子〜境港 17.9km 45分 毎時1本程度の運転

 境線で見かける車両

日中は「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターのイラストがたくさん入った「鬼太郎列車」「ねこ娘列車」「目玉おやじ列車」「ねずみ男列車」「砂かけばばあ列車」など(キハ40やキハ47)6種類のキャラクター車両が中心で、家族連れに大人気です。ラッシュ時は通常のキハ40、47、121、126などが最大4両で走っています。


鬼太郎列車、ねずみ男列車、目玉おやじ列車、ねこ娘列車、砂かけばばあ列車

車窓

米子駅を出ると、しばらく山陰本線と平行に鳥取方面に進み、本線と別れたと思うとすぐに博労町(ばくろうまち)駅に到着です。三本松口(さんぼんまつぐち)駅で米子の市街地も途切れ始め、駅周辺を除き畑が広がってきます。やがて、進行方向左側に米子空港が見え、離陸を待ってる飛行機が見えたりします。やがて市街地に入ると境港(さかいみなと)駅に到着です。

 主な駅紹介

博労町駅


博労町駅

米子駅を発車して最初に停まる駅です。住宅街にあり、駅の周囲には自転車が多数止められています。

富士見町駅


富士見町駅

こちらも住宅街にありますが、おそらく米子市の中心部(公会堂など)に一番近い駅です。

後藤駅


後藤駅

 境線では、数少ない駅舎のある駅です。交換可能駅で、ほとんどの列車がこの駅で反対方向の列車とすれ違います。

三本松口駅


三本松口駅

 

米子空港駅


米子空港駅

駅を出て歩道橋を渡ると2〜3分で米子空港へ行けます。道路の反対側が空港の敷地で、大きな飛行機が離陸を待っていることもあります。

中浜駅


中浜駅

かつては行き違い設備がなかったんですが、米子空港の整備に関連して、従来、大篠津(おおしのづ 現在の米子空港駅)」駅にあった交換設備をこの駅に造りました。周囲は、古くからの住宅地になっています。

余子駅


余子駅

片面ホームのみですが、駅近くには高校(?)があり、高校生で混み合います。

境港駅


境港駅

駅舎は灯台の形をしています。駅前から続く道は「水木しげるロード」と呼ばれ、歩道には「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターのブロンズ像が置かれています。(次項にて)

境港 水木しげるロード

境港市出身の「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる氏にちなんで整備されました。道路沿いには「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たちのブロンズ像があるほか、妖怪神社や目玉おやじにちなんだ街灯もあります。

境港駅下車、駅前の道が「水木しげるロード」です。


水木しげるロード

2016/10/30 更新