青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ・上画像をクリック) > 青春18きっぷで中央本線信州・高山本線への旅 > 青春18きっぷの旅(富山エリア)

青春18きっぷの旅(富山エリア)

以下の地図中の駅名・路線名などをクリックしてみてください。なお、黒線の路線はJR以外の路線なので青春18きっぷでは利用できません。

(福井・大阪方面) (直江津・長岡方面)
青春18きっぷの旅(富山エリア)
高山・名古屋・大阪方面(長野・松本方面)


本ページの範囲

高山本線(猪谷〜富山)

猪谷〜富山 36.6km(55分)

猪谷〜越中八尾間は僅少、越中八尾〜富山間は1〜2時間に1本程度の運転です。富山へつながる唯一のJR線です。

車両

キハ120で運転されます。このエリアの車両は、車両の両端の色が異なるのが特徴です。


富山のキハ120

 車窓

猪谷を発車してしばらくは神通川に沿って走り、やがて田んぼ中心の景色に変わってきます。市街地になってくると富山です。

 主な駅紹介(一部駅は観光地なども紹介)

猪谷駅

現在は普通列車は、すべてこの駅で乗り換えになります。かつては貨物列車が発着していたためか側線があり、ホームから改札口へ向かうときも、これらの側線を踏切で渡る形になります。


猪谷駅

越中八尾駅


越中八尾駅

毎年9月始めごろには、「おわら風の盆」でにぎわいます。

速星駅


速星駅

貨物列車の運転があり、構内は広いです。

富山駅


富山駅

新幹線ができる前の画像です。晴れていれば、立山が見えます。

富山黒醤油らーめん(富山ブラック)

駅前のCiCというビルの地下1階にある「麺家いろは」など富山駅周辺でも食べることができます。

一番搾りの醤油を10時間煮詰めたものをベースにしているため、スープが黒っぽく「富山ブラック」と呼ばれています。コシのあるやや太い麺と具はチャーシュー2枚とねぎと海苔1枚でしたが、チャーシューはコショウが利いていました。全体的に辛めで、その対策を考えた方がいいかもしれません。


麺家いろは富山ブラック

 

富山高岡特例区間

3セクの管轄ですが、下記で取り上げる城端線・氷見線へのアクセスのため、通過利用(富山と高岡以外の駅では下車できない)に限って利用できます。

富山〜高岡 18.8km(20分)毎時2本程度。

車両

3セク事業者の車両で運転されます。2両編成が多く、混雑していることが多いそうです。

 金沢〜富山間について(特例区間と並行交通機関)

同様の特例区間は近くに金沢〜津幡間があります。「通過利用」の特例を生かすためには、特例区間の末端駅(津幡・高岡)で改札口から出る必要があります。出ない場合は、乗車全区間の運賃が必要になります。

主な区間の運賃:金沢〜高岡 820円、津幡〜高岡 600円、金沢〜富山 1090円。

どうしてもこれらの3セク路線に乗りたくない方は、金沢(東口2番乗り場)〜砺波(城端線)・高岡間に高速バス(予約不要)があります。本数は少ないですが、運賃・所要時間は砺波まで620円(40分ほど)、高岡まで720円(1時間10分ほど)。

また、金沢〜富山間の高速バスもあります。こちらは毎時1本程度で、運賃は930円、所要時間は1時間10分ほどです。金沢駅は東口2番乗り場から発車します。

城端線

高岡〜城端 29.9km(55分)1時間に1本程度。

終点の城端駅からは五箇山や白川郷へのバスが発着します。とはいえ最近は高岡発着のバスも多いので、これらのアクセス路線としては機能していないかもしれません。

車両

キハ40・47の1〜2両。


城端線の車両

 車窓

田んぼの中を走っていきます。

 主な駅紹介

高岡駅


高岡駅

構内は広く、富山駅にも劣らない規模の駅です。駅前からは路面電車も発着します。

ドラえもんの散歩道

高岡市が藤子・F・不二雄氏の出身地であることから、高岡駅前の「ウィング・ウィング高岡広場」にドラえもんやのび太などのキャラクターの像が置かれています。城端線などを走る「忍者ハットリ君列車」も同様の趣旨です。

ドラえもんの散歩道

高岡大仏

高岡のシンボルといえる場所です。高岡駅から徒歩15〜20分。


高岡大仏

城端駅


城端駅

城端線の終着駅です。駅周辺には、古い町並みがあるそうです。

氷見線

高岡〜氷見 16.5km(30分)1〜2時間に1本程度運転。

途中の雨晴〜氷見間では海の近くを走るため、結構人気がある路線です。

車両

キハ40・47の1〜2両。城端線と共通運用なので、画像は城端線の項をご覧ください。

 こんな車窓です。

高岡を発車後、しばらくは市街地ですが、徐々に民家は減っていき、工場地帯を走るようになります。意外にも大きな工場が多いです。その後は日本海に沿って走るようになり、その中に雨晴海岸があります。(下の車窓画像)天気が良ければ立山が見えるそうですが、私には見えたことはありません。再び市街地になってくると終着の氷見駅です。

 主な駅紹介

雨晴駅


雨晴駅

 かつて、国鉄のポスターに使われ、有名になりました。駅自体は、現在無人駅です。駅近くには雨晴海岸があり、晴れていれば立山連峰が見えます。

氷見駅


氷見駅

氷見線の終着駅です。駅のすぐそばには日帰り入浴施設もあるのですが、これは温泉を使用したものではありませんのでご注意を。

氷見カレー

富山県氷見産の煮干を使ったカレーだそうです。氷見駅近くの洋食屋さんで食べました。


氷見カレー

 

青春18きっぷで出かけよう サイトマップ

2017/9/24 更新