青春18きっぷと大阪からの普通列車の旅〜Local Train Trip.
Local Train Trip.(トップ) > 青春18きっぷ2018春 おすすめの行先

青春18きっぷ2018春 おすすめの行先

2月15日現在の情報で作成しています。

花輪線で走っていたキハ58 平均乗車キロが30kmを超え、輸送密度が1,000人/日以上の路線
佐世保バーガー 青春18で特急に乗れるらしいです 佐世保
福井駅 大雪で大変な目に遭った地域 福井へ
城崎温泉・香住・浜坂 こちらも大雪で止まってました。
山陰本線・城崎温泉〜浜坂(餘部を中心に)
奥出雲おろち号 今年が最後になるかもしれません。
木次線を走る「奥出雲おろち号」
長野原草津口駅の終端点 こちらも大変な災害 草津温泉へ
人吉〜吉松間の列車 大河ドラマで話題でも今回が最後かも
八代から人吉・吉松を通って鹿児島へ
桜に菜の花に 桜に菜の花に
まだグダグダやってますが 森友学園へ
おすすめの行先募集中

平均乗車キロが30kmを超え、輸送密度が1,000人/日以上の路線

国鉄末期にローカル線が多数なくなりましたが、上記のような条件で廃止を免れた路線がありました。個人的な認識ですが、「平均乗車キロが30kmを超え」という路線には

1. 都市間連絡線として機能していた(都市間を結ぶ優等列車が、その路線を経由していた)

2.沿線に観光地があり、観光利用があった。

といった特徴があるように思います。以下の路線が該当しましたが、上記のどちらに当たるかも記載しました。

 釧網本線(釧路〜網走)(2)

沿線には釧路湿原、阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖、それに知床などの観光地が連なります。(いずれも駅からは離れていて、駅からのアクセスも困難) 冬はオホーツク海の流氷もあり、観光客の利用も多い路線です。

参照:道東編

 留萌本線(深川〜留萌)(1)

沿線に大きな町がなく、留萌〜深川間を乗り通す人が多かったのが救いだったかもしれません。かつては札幌や旭川へ直通する列車もありましたが、今はほとんどのケースで深川駅で乗り継ぎになっていて、さらには並行する高規格道路も完成し、非常に厳しい状況に置かれています。

参照:札幌編

 日高本線(苫小牧〜様似)(2)

沿線は競走馬の産地として有名で、「北海道へ行ってきた」と自慢している競馬好きなオッサンがいたら、たいていは日高本線の沿線に行っています。終点様似駅からは襟裳岬や広尾へのバスが発着しています。災害のため、大部分の区間(鵡川〜様似)が不通になっています。

参照:苫小牧室蘭編

 大湊線(野辺地〜大湊)(1・2)

終点の大湊駅は下北半島最大の都市であるむつ市の中心で、その一つ前の下北駅からは下北半島各地へのバスが発着します。かつては青森駅へ直通する快速列車が複数運転していましたが、現在は八戸駅への列車が多くなっています。

参照:青森県編

 花輪線(好摩〜大館)(1・2)

かつては秋田や青森と盛岡を結ぶ急行列車が走っていました。途中の十和田南駅は十和田湖に最も近い駅として知られています。かつてはJRだった盛岡〜好摩間が移管され、状況が厳しくなっています。

参照:秋田・岩手編。下の釜石線・北上線・大船渡線も同様です。

 釜石線(花巻〜釜石)(1)

山田線とともに三陸エリアへのアクセス路線として賑わっていた路線です。今も釜石への快速「はまゆり」が運転されています。

 北上線(北上〜横手)(1)

かつては仙台〜秋田間の当線経由の急行列車が運転されていました。仙台から秋田へ行く場合は、当線を経由するのが最短となり、現在も青春18で移動する場合は、当線を経由するのがもっとも早くなります。(接続がうまくいく場合)

 大船渡線(一ノ関〜盛)(1)

こちらも仙台や盛岡から線内の都市へ急行列車が運転されていました。現在は途中の気仙沼〜盛間がBRTになっています。

 陸羽西線(新庄〜酒田)(1)

仙台や山形と庄内地方の町を結ぶ列車以外にも、上野と酒田を結ぶ夜行急行が当線を経由していました。今もその機能はありますが、衰退気味です。

参照:宮城・山形編

 気仙沼線(前谷地〜気仙沼)(たぶん1)

全線開業が1970年代、その当時は普通列車のみの運転(一部が仙台へ乗り入れ)でしたが、仙台と気仙沼を結ぶ最短経路としてJR化後に注目され、快速列車が運転されていました。現在は柳津〜気仙沼間がBRTになっています。

参照:松島石巻南三陸編

 小浜線(敦賀〜東舞鶴)(1・2)

かつては北陸と山陰を結ぶ路線として重視され、福井・金沢・名古屋から天橋立や遠く出雲市まで走る急行列車が当線経由で運転されていました。線内から京都へ向かう急行も運転されていました。一部区間に新幹線が建設されることになり、今後が心配です。

参照:北陸本線・湖西線と周辺路線編

 吉都線(都城〜吉松)(1)

熊本と宮崎を結ぶ急行「えびの」が当線経由で運転されていました。現在は九州でもっとも利用の少ない路線だそうで、2018年のダイヤ改正で大幅減便されるとのニュースがネットで頻繁に取り上げられています。

参照:鹿児島・宮崎編

 これらの路線の現状

その後、高速道路が建設され高速バスが走るようになったり(主に留萌本線、日高本線、吉都線)、JRどうしでも新幹線が建設されたり(東北の路線)、在来線(接続する幹線)の電化・高速化(主に留萌本線や小浜線)によって、その路線の稼ぎ頭だった急行列車は廃止され、分岐駅で新幹線や特急列車に接続する普通列車がその役割を担うようになりました。が、乗換えが面倒との事で、利用者は並行する高速バスなどに流れがちで、運転本数が減らされている路線が多いです。北上線のように、そのような役割が田沢湖線や秋田新幹線に奪われてしまった路線もあります。

線内の利用は元々多くなく、過疎化やモータリゼーションの進展によって利用者は減少。どこも厳しい状況に置かれています。

ここで紹介した12線のうち7線は東北地方の路線ですが、特定地方交通線のデータ集めは東北新幹線の開業前(1977〜79年)に行われています。当時運転されていた急行列車の多くが東北新幹線の開業と同時に廃止されていることを考えると、そのデータ収集が10年遅かったら、東北の7線に関しては今でも存続しているか疑問です。


 前シーズンに取り上げた「並行道路未整備」で生き残った路線

せっかくなので今回も取り上げます。上記と併せて、旅の参考にしていただければ幸いです。

路線名区間備考、当サイト内の関連ページ
★ 並行道路が未整備であることから生き残った路線
肥薩線八代〜隼人「いさぶろう」「しんぺい」などの観光列車が運転されています。
熊本エリアはこちら 鹿児島エリアはこちら また「いさぶろう」「しんぺい」はこちら
日南線南宮崎〜志布志沿線には青島などの観光地もあります。
詳しくはこちら
予土線北宇和島〜若井元祖、トロッコ列車が走る路線です。
詳しくはこちらトロッコ列車はこちら。
木次線宍道〜備後落合こちらもトロッコ風の観光列車が走ります。
詳しくはこちらこっちもご覧ください。
名松線松阪〜伊勢奥津災害のため末端区間が長い間不通でしたが、2017年3月に運転再開しました。
詳しくはこちら
山田線盛岡〜宮古〜釜石震災のため宮古〜釜石間が不通になっています。それ以外にも災害で不通になっていましたが、盛岡〜宮古間は復旧しています。
詳しくはこちら
★ 並行道路が冬季に積雪で10日以上通行止になることで生き残った路線
越美北線越前花堂〜九頭竜湖末端の越前大野〜九頭竜湖間は豪雪地帯です。詳しくはこちら
只見線会津若松〜小出豪雨のため越後川口〜只見間が不通になっていますが、数年後に運転再開する予定です。路線図はこちら

そういう路線は元々利用者が少ないばかりか、その後に過疎化高齢化が進んだり、並行道路が整備されたりして利用者がさらに減少しています。上表の他、岩泉線(茂市〜岩泉)と深名線(深川〜名寄)も分割民営化当時は生き残りましたが、その後廃止されています。三江線もこの理由でかつては存続しました。


「並行道路未整備」路線

 外部リンク(こういった問題に関心のある方へ)

ウィキペディア・「特定地方交通線」の項

佐世保へ

博多〜佐世保間運転の特急「みどり」の早岐〜佐世保間が自由席に限って乗車券のみで利用できるようになります。青春18きっぷにも適用されます。距離にして8.9km(およそ10分)ですが、こういうのが好きな方はいかがでしょうか?


特急「みどり」

佐世保の米軍基地がルーツという「佐世保バーガー」や、早岐駅から歩いてい行ける「早岐瀬戸」などが見所です。(他にもたくさん見所はあります)


佐世保の見所

※川のように見えますが、ここは海なんです。とはいえ、海幅は狭く流れも急なので、船は行き来できないと思います。その代わりにカヤックが盛んだそうです。

参照:路線図・佐賀長崎編(周辺の路線図を記載しています)。

福井へ

2月に記録的な豪雪になった福井はいかがでしょうか? 福井県でも嶺北(北部)エリアの被害が深刻で、このエリアにある芦原温泉の宿泊キャンセルがかなりたくさんあったようです。また、福井駅から山に入っていく越美北線は当分の間運休です。


福井へ

参照:路線図・琵琶湖と福井編(周辺の路線図を記載しています)。
    北陸方面トップ…京阪神から福井・芦原温泉への乗り継ぎ案内もあります。

餘部へ

こちらも大雪で餘部駅を含む城崎温泉〜東浜間の列車が止まっていました。福井ほどではありませんが、大変だったところです。

餘部駅にはエレベーターが設置され、楽に地上に降りることができます。餘部鉄橋を眺めるのも良し、色々楽しめると思います。地上にある道の駅では、変わったバーガーを食べることもできます。

上の福井も同じですが、積雪時は至る所に水溜りができますので、長靴などを履いて行くようにしてください。靴の中がびしょびしょになります。


餘部鉄橋

 当サイト内の関連ページ

餘部駅と鎧駅
山陰方面トップ…京阪神から餘部駅への乗り継ぎ案内もあります。

奥出雲おろち号

木次線の出雲坂根スイッチバックを楽しむ列車として1998年ごろから運転されていますが、車両の老朽化などで来年以降の運転は微妙な状態です。今年が最後の運転になるかもしれません。地元でも、新たな取り組みを模索しているようですが、現在とはまったく別な形になるかもしれません。


奥出雲おろち号

 当サイト内の関連ページ

おろち号と出雲坂根スイッチバックの旅…おろち号の運転日や運転区間などの紹介。
山陰本線の旅(主に島根県内)…木次線の主な駅や車窓の画像を載せています。

草津温泉へ

火山が噴火し、少し離れた所にある草津温泉の宿泊キャンセルが多いそうです。こんな時にいかがでしょうか? 東京からなら日帰りで行くことができます。

草津温泉へは吾妻線の長野原草津口駅からバスでのアクセスになります。


長野原草津口駅

 当サイト内の関連ページ

路線図・群馬栃木編…長野原草津口駅周辺の路線図

今年の大河ドラマの舞台

今年は「西郷どん」という鹿児島を舞台とした作品だそうです。

鹿児島の各路線では、3月17日のダイヤ改正で大幅減便されることが決まっています。詳細についてはまだ把握できていませんが、八代発の肥薩線人吉行き始発列車で出発する場合は、3月16日までにお出かけください。


鹿児島の画像

 当サイト内の関連ページ

青春18で鹿児島へ…アクセス方法と熊本から鹿児島への乗り換え案内
路線図・鹿児島と宮崎

18きっぷで花見

この時期は日本中(北海道や東北北部は除く)どこに行っても桜・菜の花が咲き誇ります。

車窓から桜や菜の花が見えたり、駅前の一本桜、桜の並木道など、あなただけの花見スポットを探してみてはいかがでしょうか?


桜

森友学園

怪文書が出て来たとかで国会でまたグダグダやっているようですが、野党の皆様には不祥事を追及するのではなく、今ある様々な問題について議論をいただきたいと思います。

「塚本幼稚園」…塚本駅(JR神戸線・大阪と尼崎の間にある駅)の徒歩圏にあります。すぐ近くに「高等森友学園保育園」もあります。「塚本幼稚園」は普通の幼稚園とほとんど変わりないですが、「高等森友学園保育園」は屋上に神社があったりして、さながら右翼の事務所のような怖い雰囲気です。保育園の方は、必要な保育士を確保できなかったことから強制的に閉園になっています。(建物は残っている)


塚本幼稚園と保育園

「瑞穂の國記念小学院」・・・豊中市にあり、阪急宝塚線庄内駅から北西に徒歩10分くらいです。ナビゲーションさせる場合は、「豊中市営野田第2住宅」で検索するといいでしょう。「豊中市営野田第2住宅」の北に緑の部分がありますが、そこに下のような赤い建物が建っています。


瑞穂の國記念小学院

行先情報募集中

おすすめの行き場所があれば、お知らせいただければ幸いです。ただし、当サイトは「大阪周辺にお住まいの方に青春18きっぷの旅を紹介するサイト」ですので、以下のような条件を設けさせていただいています。

お知らせいただける場合は、「メールのページ」(トップページの一番下にリンクがあります。)からお願いいたします。

このページは、青春18きっぷ関連の話題、マスコミによく取り上げられている場所への青春18きっぷを使ったアクセスを紹介するページとして、季節ごとに制作してしています。

参考ページとして当サイト内の関連ページにリンクを張っています。リンク先のページのおすすめの行先をクリックすると、このページに戻ります。ない場合もありますので、ブラウザの「戻るボタン」でこのページに戻ってください。

青春18きっぷを使った各地へのアクセス情報、モデルプラン(いずれも基本的に大阪駅発。モデルプランは原則として通年型)は、「青春18きっぷ 乗り継ぎ・アクセス情報・モデルプラン 」をご覧下さい。

青春18きっぷの利用期間や購入方法、使い方をお知りになりたい方は「青春18きっぷについて」をご覧ください。

青春18きっぷでのれる夜行列車の情報は、「青春18きっぷで乗れる夜行列車」をご覧下さい。

青春18きっぷの旅以前に、JRの路線図を見たい方は「青春18きっぷで乗れる路線図」をご覧下さい。普段、電車に乗る機会がない方は、「電車の乗り方・初めての電車」もご覧下さい。

サイトマップ
2018/2/18 更新

日本を愛でよう青春18きっぷすごろく
双六の要領で日本全国を旅しよう!(制作中)